2017年05月16日 11時46分

Buckingham Diary -2nd-

Learning FRIENDSHIP(友情)

Buckingham Diary -2nd-

Jun.7 Wed
HELLO!(宮下昌宏)
みなさん、こんにちは! イギリス・バッキンガム大学での生活も半分が過ぎ、私たち長期留学3期生は英国法制度など本格的な科目に挑んでいます!! 今回のBuckingham Diaryでは、FRIENDSHIP(友情)についてご紹介したいと思います。
FRIENDSHIP(友情)
バッキンガム大学では、イギリス連邦(Commonwealth)加盟国を主に世界各国から多くの生徒が集まって勉強しています。国際色が豊かなここの大学ではイギリス人だけではなく、アフリカ・中東・東南アジアから来ている学生と交流が出来て文化の違いを味わえます!とりわけ学生寮(Student Accommodation)では一緒に料理を作ったりして楽しいひとときを過ごせるので、寂しい思いをすることはありません(笑)。
イギリス人との友情
僕が暮らしているAccommodationでは、イギリス国内の学生が多いです!!中には、ロンドンやバーミンガムといったイングランドから、さらにはスコットランドから来ている人も! イギリスでも日本の文化やアニメなどがとても人気があるため、その話をすればすぐに彼らと仲良くなれました。最初はキッチンで会って少ししゃべる関係が、今となっては休日に出かける頻度が増えてとても楽しい日々を過ごしています!
留学生との友情
僕がいるFoundation Courseでは、留学生も交じって勉強しています。彼らの中には第一言語が英語でないことがあります。そのため母国語やカルチャーを教えてもらったり、そのお返しに日本語を教えてあげたりして仲良くしています。 海外の人からすると日本は魅力のある国なので、彼らのおかげで自分の国について改めて考え、再発見することが多いです。
Football Game
毎週日曜日、バッキンガムの男子学生でFootball(サッカー)をヴァ―ニー・パーク(Verney Park)でプレイしています!! ここではAccommodation以外の友人と交流できるので、普段から授業が一緒でない学生ともFootballを通して交流を深められます。 有名チームがあるだけのこともあってか、イギリスの人はとても上手いです(笑)。思うようにプレイはできませんが本当に楽しい時間を過ごせて、バッキンガム大学に留学してよかったと実感しております!!
ひとこと
留学先でちゃんと友人が出来るかなと当初は不安でしたが、思い切って話しかけて自分の国の文化を話すことが出来れば必ず仲良くなれます! バッキンガムで築いた友情を大事にしたいです!!
ページ公開日:2017年05月16日 11時46分