公共政策・行政コース

「人に尽くす」「社会に貢献する」「未来をつくる」
公共政策のキャリアを形成

コース概要

コース概要
人気の高まりとともに難関化する公務員をめざすコースです。公共政策のスタッフに求められる能力を、体系的・系統的に学ぶためのカリキュラムが豊富に組まれています。
コース全体は「まちづくり」「社会保障」「環境」「グローバル連携」の4分野で構成。これらの複合領域として公共政策・行政を考え、ケーススタディとして、「まちづくり八王子」という地域連携型のフィールドワークを設定しています。
カリキュラムは、学問の最先端の「理論」と公共政策の「実践」を結びつけており、「公共政策ワークショップ」では、国際機関・国家および地方公務員を招き、最先端の学びを展開します。

進路

カリキュラムの全体像
カリキュラムの全体像
  • 地方公務員(都道府県庁・政令指定都市ほか)として、地域の経営に携わる
  • 国家公務員として、特定の官庁で行政に携わり、国の制度設計に携わる
  • 労働基準監督官、家庭裁判所調査官、国税専門官などの国家公務員として貢献する
  • 海外および国内の公共政策大学院に進学する など

教育プログラム

公共政策スタッフの就業力
大きな転換期に位置する現代、国や地方の仕組みが問い直されています。公共政策とは、そうした課題に応答する新たな学問分野です。公務員に求められる能力も、さまざまな課題を解決するために、新たな制度を設計するとともに、NGOやNPO、企業、市民などをコーディネートする力を必要としています。
公共政策/行政の役割が大きく変わるなか、公務員にもこれまでとは違った高い能力が求められるようになってきています。創価大学法学部では、公共政策スタッフに必要とされる能力を、つぎのように設定しています。

公共政策ワークショップ― Advanced Program

実務家とのコラボレーションで政策的思考を実践的に習得

地球環境問題、少子高齢化、高齢者・介護問題、地域振興、官民協働など、さまざまなテーマで専門家を招聘し、ワークショップを開きます。
学生のグループ・リサーチによる成果と、政策の現場からのレポートをもとに理解を深めていきます。「ケース・メソッド」に基づく学生参加型の発展的プログラムです。
また、実際に学生自らが政策提案に挑戦できる機会もあります。
学生の協働リサーチによるプレゼン資料例

スキル・アップ講座 ― Support Program

リサーチ・プレゼン・グループディスカッション・インタビュー・論文

法学部の公共政策キャリアの養成イメージ
<サポート・プログラム>として、本学の教員、OB・OGの実務家、合格した4年生のサポート・スタッフ(PSS)が、学びの支援にあたります。論文作成の技法や、リサーチ、プレゼンテーション、グループディスカッション、グループ・ワーク(事業体験型)、インタビューなどといった、公共政策キャリアに必要な高いコミュニケーション能力の養成を図るために、スキル・アップのための講座を設けています。
創価大学法学部では、就業力を養うために、「豊富な専門科目」とともに、「充実したサポート・システム」を組んでいます。

合格実績 ― Performances of Pass

法学部が「難関の公務員試験」で、6年連続で快挙!

2016年度公務員試験の合格報告が続々と届いております!狭き門となる公務員試験において、今年も「法学部の公共政策プログラム」のなかから、6年連続で過去最高水準となる合格実績を勝ち取りました。
現在、国家公務員、都道府県庁、政令指定都市など、A日程までの難関の採用試験の最終合格の発表があり、公務員採用試験の前半戦を終えました。本学からは、延べ84名が、公務員試験に最終合格しました!(複数の試験に合格しているため、実人数では45名)
  • 「外交官専門職」試験では、採用枠40名程度の狭き門のなか、3年連続で、2名の合格者が出ました。3年連続で2名は開学以来初となります。
  • 「国家公務員」では、行政の総合職で2名、一般職では、厚生労働省(8名)、国土交通省などに、また専門職では、国税専門官(9名)など、大きな実績を出しました。
  • 地方公務員では、東京都、長野県、富山県、北海道、鳥取県、岐阜県、佐賀県、福島県、大阪府、兵庫県など、また東京特別区、横浜市、さいたま市、新潟市など、難関の都道府県庁・政令指定都市で、多くの合格者が出ています。
  • とくに、学生に最も人気の高い「東京特別区」と「横浜市」で過去最高の合格者が出ました。特別区には21名、横浜市では10名の最終合格者が誕生しました。
公務員人気が高まり、試験がますます難関化するなか、開学以来「最高水準」の結果を出し続けています。しかも合格の大半が、東京都庁をはじめとする人気の難関職で占められており、また現役合格を果たしています。合格率と合格先では全国トップクラスの実績です。とくに現役合格率が高いのが、創価大学法学部の強みです。
  • 「外交官試験に強い法学部」
  • 「難関の公務員試験に強い法学部」
  • 「現役合格に強い法学部」
――国立・早慶と互角以上に渡り合える、それが創価大学法学部の行政教育です。

学内実績における法学部の割合

公務員試験合格者の学部別内訳

法学部における難関試験合格者の割合

外交官、東京都、特別区、道府県、政令指定都市、国家Ⅱ種、労働基準監督官、国税専門家、裁判所事務官

難関試験合格者の学部別内訳

法学部の現役合格の割合

在学生メッセージ

地元の熊本で、震災からの復興や故郷の発展に貢献したい。

鷹尾 幸代さん
法律学科 3年生
鷹尾 幸代さん
(熊本県/私立関西創価高校)
少子高齢化や地域振興など、現代の日本社会で課題になって いるテーマの学習を通じて公共政策を学んでいます。「公共政策 ワークショップ」では、実際に行政の最前線で活躍している方々 がプロの視点を教えてくれるので、リアリティをもって公共政策 を学ぶことができます。また、創価大学出身の公務員の先輩が 「公務員ゼミ」を開催し、公務員試験に向けてのアドバイスをして くれるのも、地元熊本での公務員を志望する私にとって大きな 支えとなっています。
公共政策・行政コースの学生の一週間
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1限目     社会保障法 地方自治論  
2限目   公共政策論     公共経済論
3限目 NPO 論   公共政策 ワークショップ    
4限目 環境法       専門演習(ゼミ)
5限目   憲法人権論 地域コミュニティ論    
[My Free Time] アフリカの力強さに感動
「パン・アフリカン友好会」に所属し、昨年は日本で唯一創価大学で開催している「ス ワヒリ語スピーチコンテスト」を仲間と約1年間準備し、大成功を収めることができまし た。コンテストを通じてアフリカの力強さに改めて触れ、感動しました。