科目紹介

人間の安全保障論

人間の安全保障論
人間の視点から平和を考える
冷戦終結以降、内戦やテロ、貧困、地球環境問題など多様で新たな脅威によって、人間が危機にさらされる場面はより増え、深刻化しています。本授業では、安全保障そのもののあり方が問い直されるなかで登場した「人間の安全保障」という新たな概念をキー・コンセプトとして、国家をはじめ国連やNGO、企業など様々なアクターが役割を担うなかで、人間の尊厳や人権・人道に立脚した21世紀の新たな平和秩序をどう構築していくかについて考察、検討します。

国際法総論

国際法総論
国際法が分かれば世界が解る
近代国際法は1648年のウェストファリア条約締結以降に発展してきたといわれます。この講義では約360年間に発展してきた国際法理論をお話しすると同時に、最近のゲーム理論を応用した学説、西欧中心主義の国際法史からの脱却を試みる考え方などを紹介します。さらに、単に国際法理論の理解に留まらず、アジアの歴史的視点から見た国際法の姿、沖縄基地問題や核廃絶問題など現代的課題から国際法を批判検討する「考える」講義となっています。
  • 在学生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ
  • キラめき★学生REPORT
  • バッキンガム大学留学日記