公認心理師養成コース        

創価大学教育学部教育学科では、2020年度から公認心理師養成コースを開設します。
 

公認心理師ってどんな仕事なの? どんな特色があるの?

公認心理師とは、公認心理師の名称を用いて、保健医療・福祉・教育そのほかの分野で、心理学に関する専門的知識や技術を持って、心理に関する支援を必要としている人やその関係者に相談・助言・指導をしたり、その他の援助をしたりします。
また、心の健康に関する知識の普及のため、情報の提供なども行ったりします。

これと似た仕事はいろいろとありますが、公認心理師はわが国で唯一、国家資格として認められている点に大きな特長があります。

公認心理師になるにはどうしたらいいの?

次の3つのステップがすべて必要です。
(1)公認心理師になるには、国から指定された科目すべてを大学で履修すること
     ↓
(2)大学卒業後
  1. 国から指定された科目を開講している大学院に進学し、それらをすべて履修すること
  1. 国が認めた施設で所定の実務経験を積み重ねること
(2)では、この「1」か「2」のいずれかが必要です。
     ↓
(3)公認心理師試験を受験し、合格し、公認心理師登録簿へ登録すること

この(1)(2)(3)を経て初めて、正式な公認心理師となります。

創価大学の教育学科では、何年度入学生から適用になるの?

創価大学教育学部教育学科では、2020年度入学生から公認心理師養成コースを開設します。
  • このコースを希望できるのは2020年度以降に教育学部教育学科に入学した方になります。

なお、コースに登録できるのは、30名以内となっております。
a. 大学1年次の指定科目の成績
b. 面接
などをもとに総合的判断によって選抜
いたします。
ですので、入学したら自動的にこのコースに進めるわけではないことについても、どうぞご留意ください。
※なお、本学の大学院臨床心理専修課程は定員が10名ですので、30名の方が全員、そのまま本学の大学院に進学できるわけではありません。
※教育学部教育学科への編入学生、転学科生には、本コースは対応しておりません。
教育学科における開設科目は、以下のリンクをご参照ください。