関 篤志(教授)

セキ アツシ

専門分野 分析化学
担当科目 統計熱力学、物理化学B、基礎科学実験、物理化学実験
生命科学Ⅰ(身近な生命科学・共通科目)
研究テーマ 1.光ファイバを用いる化学センサ・バイオセンサの研究開発
2.電界効果型化学センサ・バイオセンサ

取材申し込み

研究者情報詳細

工学研究科 生命情報工学専攻

  • 専門分野 化学センサ、バイオセンサ
    担当科目 物理化学 B I 、基礎科学実験
    研究テーマ (1) 半導体素子を用いる化学センサー及びバイオセンサーの研究。
    (2) ヘテロコア型光ファイバを用いる化学センサの研究。
    (3) 化学および生物における非平衡・非線形現象とセンシングへの応用。
    略歴 1990年 創価大学生命科学研究所助手
    1995年 創価大学工学部講師
    1999年 創価大大学工学部助教授
    2010年 創価大学工学部生命情報工学科教授
    2017年 創価大学理工学部共生創造理工学科教授
    主な著書論文 A surface plasmon resonance hydrogen sensor using Au/Ta2O5/Pd multi-layers on hetero-core optical fiber structures,
    Sensors and Actuators B 185 (2013) 53-58
    Surface plasmon resonances of a curved hetero-core optical fiber sensor,
    Sensors and Actuators A 161 (2010) 1-5
    A humidity sensor based on a hetero-core optical fiber,
    Sensors and Actuators B 147 (2010) 385-391
    Surfactant toxicity assay based on a silicon transducer,
    Chemosphere, 76 (2009) 341-344
    Anionic surfactant sensor based on a hetero-core structured optical fiber,
    Microchimica Acta, 165 (2009) 335-339
    A hetero-core structured fiber optic pH sensor
    Analytica Chimica Acta, 582 (2007) 154-157
    Silicon-Based Biosensors
    Encyclopedia of Sensors (Edited by C.A.Grimes, et al) vol.9, p.453-461 (2006)(American Science Publishers)
    Urease-based heavy metal ion sensing using a silicon transducer
    Sensors and Materials, 16, 377-382 (2005)
    Hetero-core fiber optic surface plasmon sensor with silver film
    Sensors and Actuators, B101, 368-372 (2004)
    Microbial assay for tryptophan using silicon-nbased transducer
    Sensors and Actuators, B94, 253-256 (2003)
    Acidity measurements based on a hetero-core structured fiber optic sensor
    Sensors and Actuators B96, 234-238 (2003)
    Novel cation sensors based on a silicon transducer,
    Anal. Chim. Acta, 382, 131-136 (1999)
    Biosensors based on LAPS for detection of urea, penicillin and glucose,
    Anal. Chim. Acta, 373,9-13 (1998)
    所属学会 日本化学会
    電子情報通信学会
    日本分析化学会
    電気化学会

ページ公開日:2017年08月07日
Search-internal-code:faculty-profiles-2017-