齋藤 之美(教授)

サイトウ コノミ

専門分野 国際貿易
担当科目 ミクロ経済学、国際経済論
研究テーマ 地域経済統合による影響分析

取材申し込み

研究者情報詳細

自己紹介をお願いします。
静岡県下田市出身です。ここで中学校2年まで、毎日野山を駆けまわりながら過ごしました。今でも自然に惹かれますし、体を動かすことが好きです。
研究について教えてください。
地域経済統合の理論的・実証的な分析をしています。日本も研究対象ですが、アジアの開発途上の国々における影響分析も行っています。
その研究が進むと、どのような社会貢献が期待されますか。
環太平洋パートナーシップ(TPP)の議論が盛んになされているように、実際に地域経済統合は進んでいます。しかし、その経済学的な影響は両面性があります。悪い影響を最小限にするような経済統合はどうあるべきか、理論的に示すことができます。また、実際のデータを使って、経済統合の影響を数値で予想することもできます。
ゼミではどんなことが学べますか。
内容は年によって異なるのですが、皆さんの興味を引き出し積極的に学ぶ場を提供したいと思います。
学生の皆さんに一言お願いします。
「これまであまり熱心に勉強をしてこなかった」「大学ってどんなところだろう」と、大学生活を始めるにあたり自信がなかったり、いろいろな不安を抱いたりしていることと思います。この大学4年間で自分が頑張れることを見つけ、それに真剣に取り組む経験を是非してほしいと思います。この4年間が皆さんの飛躍のステップとなるよう、心から祈っています。

文系大学院 経済学専攻

  • 専門分野 国際貿易
    研究テーマ 地域経済統合の理論的研究
    研究紹介 地域経済統合の理論的・実証的研究。
    研究、教育方針 これまでの研究の深化、発展。
    メッセージ 共に、真剣に勉学に勤しみたいと思います。

ページ公開日:2017年09月01日
Search-internal-code:faculty-profiles-2017-