増井 淳(准教授)

マスイ マコト

専門分野 労働経済学
担当科目 労働経済論、マクロ経済学中級
研究テーマ 非正規雇用の活用と労働市場制度

取材申し込み

研究者情報詳細

自己紹介をお願いします。
地元は、雪が多いことで有名な新潟県上越市です。理論系の科目を担当していますが、学生時代に一番好きな科目は世界史でした。今でも歴史に関する本を読むことが大好きで、中国の春秋・戦国時代・三国時代、日本の明治維新頃の話に関心があります。また、ゼミ生とフットサルをすることも大好きです。
研究について教えてください。
正規・非正規の各形態で働いている人々の存在を考慮した経済モデルを用いて、労働者の雇用保護や企業による非正規雇用の利用のしやすさを変更することで、失業や賃金格差にどのような影響がもたらされるかを研究しています。
その研究が進むと、どのような社会貢献が期待されますか。
皆さんは、非正規雇用が増加している現状をどのようにお考えでしょうか?低収入・不安定雇用といった特徴がありますが、失業率や企業業績への影響を考えると非正規雇用を減らすべきかどうかという問に答えることは簡単でありません。上記の研究を通じて、どのような状況において非正規雇用を減らす(増やす)ことが社会的に望ましいのかということを議論できるようになります。
ゼミではどんなことが学べますか。
私のゼミでは、企業内部の組織構造やビジネスの過程で行われる様々な意思決定について、既に学習した経済学的知識と新たに学習する経営学的知識を使いながら考察していきます。現実に存在する様々な企業の経営行動を、経済学的視点・経営学的視点の両方から論じられるようになることが目標です。
学生の皆さんに一言お願いします。
いま学んでいることが「どう役立つか」分からないことで悩むのではなく、「どう役立てられるか」を考えてみてください。学んでいる内容が「どう役立つか」は人によって異なります。小さなものであっても、まずは目の前の課題に真摯に取り組み、それが「どう役立てられるか」を真剣に考えることで、自分自身の関心がどこにあるのかが見えてきます。大学時代の早い段階で皆さんの関心事が定まるように、全力でサポートさせていただきます。

文系大学院 経済学専攻

  • 専門分野 労働経済学
    研究テーマ 1.解雇規制が正規・非正規労働者の労働インセンティブに与える影響
    2.企業による非正規雇用者利用目的の決定要因
    研究紹介 均衡サーチモデルを用いた労働市場の分析を研究テーマとしています。特に最近は、正規・非正規といった雇用形態の違いをモデルに取り入れて、労働者に対する雇用保護や非正規雇用の利用に関する法制度のあるべき姿について考察しています。
    研究、教育方針 異なる雇用形態の存在を考慮したモデルに基づく分析を今後も継続していきます。その発展の一つとして、非正規雇用者に対して企業主体の訓練が十分に行われるとしたら、それはどのような種類の訓練であり、政府はどのように関与すべきかを考察する予定です。
    労働市場において強く関心をひかれる問題を定め、経済理論がその問題をどう説明できるかを理解し、自分なりに理論モデルを構築するスキルを身に付けることが教育方針です。
    メッセージ 経済理論や数学の学習を苦にしない人、また雇用・労働に関する問題に強い関心を持つ人を歓迎します。

ページ公開日:2017年09月01日
Search-internal-code:faculty-profiles-2017-