北野 晃朗(教授)

キタノ テルアキ

専門分野 幾何学
担当科目 共通基礎演習、微積分学Ⅰ、複素関数論、幾何学概論、位相数学、数学史、論理と集合、ケーススタディⅠ・Ⅱ、卒業研究Ⅰ・Ⅱ、演習Ⅰ・Ⅱ
研究テーマ 3次元多様体の位相不変量

取材申し込み

研究者情報詳細

研究室ホームページ

工学研究科 情報システム工学専攻

  • 専門分野 低次元トポロジー、多様体の位相不変量
    担当科目 微積分学 I 、幾何学概論
    略歴 1965年9月 山口県に生まれる.
    1988年3月 中央大学理工学部数学科卒業
    1994年3月 東京工業大学大学院理工学研究科博士課程数学専攻修了
           学位 博士(理学)修得
    1994年4月 日本学術振興会特別研究員
    1995年4月 東京工業大学理学部 助手
    1996-1998年 日本学術振興会海外特別研究員
    2002年10月 東京工業大学大学院情報理工学研究科 助教授
    2006年4月 創価大学工学部 助教授
    2009年4月 同 教授
    主な著書論文 著書:
    (1) 北野晃朗,合田洋,森藤孝之
    ねじれAlexander不変量,183頁,
    数学メモアール第5巻,日本数学会.
    (2) 渡辺治 ・北野晃朗 ・木村泰紀 ・谷口雅治,
    数学の言葉と論理, 朝倉書店 シリーズ 現代基礎数学 1
    主な論文(2005年以降):
    (1)H. GODA, T. KITANO and T. MORIFUJI; Reidemeister torsion, twisted Alexander polynomial and fibered knots, Comment. Math. Helv. 80(2005), 51--61.
    (2)T.KITANO and T. MORIFUJI; Divisibility of twisted Alexander polynomials and fiberd knots, Annali della Scuola Normale Superiore, 5(2005), 179--186.
    (3)T. KITANO, M. SUZUKI and M. WADA; Twisted Alexander polynomials and surjectivity of a group homomorphism, Algebr. Geom. Topol. 5 (2005), 1315--1324.
    (4)T. KITANO and M. SUZUKI; A partial order in the knot table, Exp. Math. 14(2005), 385--390.
    (5)T. KITANO and M. SUZUKI; On the existence of a surjective homomorohism between knot groups, in Intelligence of Low Dimensional Topology 2006. World Scientific.
    (6)T. KITANO and M. SUZUKI; Twisted Alexander polynomials and a partial order on the set of prime knots,
    Geometry and Topology Monographs 13 (2008), Groups, Homotopy and Configuration Spaces (Tookyo 2005), 307--322.
    (7)T. KITANO and T. MORIFUJI; $L^2$-torsion invariants and the Magnus representation of the mapping class group,
    Groups of Diffeomorphisms, Advanced Studies in Pure Mathematics Volume 52 (2008), Math. Soc. of Japan.
    (8)T. KITANO and M. SUZUKI; A Partial Order in the Knot Table II,
    Acta Mathematica Sinica 24 (2008), 1801--1816.
    (9)T. Kitano, Teruaki and M. Suzuki, On the number of SL(2;Z/pZ)-representations of knot groups. J. Knot Theory Ramifications 21 (2012), no. 1, 1250003, 18 pp.
    (10)T. Kitano and T. Morifuji, Twisted Alexander polynomials for irreducible SL(2,C)-representations of torus knots. Ann. Sc. Norm. Super. Pisa Cl. Sci. (5) 11 (2012), no. 2, 395–406.
    (11)北野晃朗, ねじれ Alexander多項式の20年: Alexander多項式の精密化とその応用, 数学, 65 (2013), no. 4, 360–384.
    所属学会 日本数学会

ページ公開日:2019年04月01日
Search-internal-code:faculty-profiles-2017-