松田 佳久(教授)

マツダ ヨシヒサ

専門分野 民法(財産法)
担当科目 民法(物権法、債権総論)
研究テーマ 物権変動における完全権と不完全権

取材申し込み

研究者情報詳細

略歴

  • 2004年4月~2007年3月 鳥取環境大学 環境情報学部 環境政策学科 准教授
  • 2007年3月 名城大学より博士(法学)取得
  • 2007年4月~2012年3月 大阪経済大学経営学部ビジネス法学科 教授
  • 2012年4月~ 創価大学法学部 教授

主要な論文・著作

『不動産担保価値論-担保権の効力の及ぶ範囲と経済的一体性理論-』(単著、プログレス、2004)
『判例と不動産鑑定-借地借家法理と鑑定実務』(単著、プログレス、2008)
『不動産私法の現代的課題』(単著、プログレス、2012)

所属学会

日本私法学会、金融法学会、日本不動産学会、日本土地環境学会(常務理事)、比較法学会、日本土地法学会

メッセージ

私は、裁判の規範であり、日常生活の行動規範である民法を教えています。民法は所有権、契約、不法行為における損害賠償請求、そして相続など幅広く私生活に関わる学問です。司法試験や各種国家試験の問題としても出題されます。実社会で問題となり、裁判で争われた豊富な事案が判例として現れ、民法に影響を与えていることからもわかるように、民法学は実社会とともに発展し、形作られる学問です。民法を勉強すると実社会のさまざまな問題に興味が湧いてくるものと思います。民法の勉強は条文数も多く、なかなか大変ですが、一度ひととおり勉強してみましょう。そうすればこれまでよりも世の中が身近に感じられ、毎日が好奇心に満ちた生活になること間違いありません。

ゼミ紹介

このゼミでは民法の判例を勉強します。判例集をテキストとし、その中で自分が気になる判例を取り上げ、より深く調べてきたことをみんなの前で発表します。ときにはLTD学習といって、ゼミ生全員がある判例を調べてきて、さまざまな論点についてグループで議論することも行います。

演習テーマ

民法判例を勉強する

研究内容

勉強だけでは頭でっかちになりますので、スポーツで発散し、日頃のうっぷんを晴らすと同時に、気持ちをリフレッシュさせて、より新鮮な気持ちで、また、判例研究に取り組みます。暑い夏などは涼しいところにゼミ合宿に行って、勉強をやった後にスポーツやハイキングなどのイベントで楽しみましょう。

また、より勉強したい、たとえば司法試験にチャレンジするために法科大学院に進学する目標のある人には、正規のゼミとは違う時間にサブゼミをして、より勉強します。

文系大学院 法律学専攻

  • 専門分野 民法
    研究テーマ 不動産所有権の変容
    研究紹介 1. 担保権の効力の及ぶ目的物の範囲
    2. 建物所有権の再考察
    3. 居住用建物賃貸借契約における一時金の研究
    研究、教育方針 今後の研究は、今後「不動産所有権の変容」をテーマとしてやっていきたいと思います。 教育方針は、メッセージにもありますように「共に考え共に学ぶ」です。
    メッセージ 私もまだまだ学問の追及においては中途段階です。教育方針にあるように皆さんと共に考え、その中でさまざまな知見が見出されると思います。その知見は皆さんの学問的興味を発展させるだけではなく、私自身も向上させるものとなります。

ページ公開日:2017年08月06日
Search-internal-code:faculty-profiles-2017-