カリキュラム情報

修士課程

在学期間

4セメスター(2か年)在学する。

修了単位数

32単位

指導教員

1年次前期終了時点で、学生はそれぞれの志向する研究テーマや研究領域に応じて、Seminar I/II/IIIの科目を担当する教員5名の中から自身の指導教員1名を選び、同時に自身の指導教員を除く他の国際平和学研究科専任教員7名の中から副指導教員1名を決定します。この2名は、修士論文指導委員会を構成します。指導教員に加えて副指導教員を置くことで学生は論文指導において学際的視点や多様な方法論の助言を得ることができます。

履修申告

指導教員の研究指導と学生が志向する研究テーマに従い履修科目を決定します。

履修単位数の制限

学生の十分な学修と研究時間の確保の観点を踏まえ、履修科目の1セメスターの登録上限 を10単位とします。但し、この登録上限に、通年科目として配置されるInternships科目の単位は含まれません。

学位論文の提出

2年次後期の所定の時期(本学の学事歴による通例は1月上旬)までに学生は修士論文を提出します。修士論文の提出を受け修士論文指導委員会は、国際平和学研究科長に承認された本学専任教員1名を加えて修士論文審査委員会を構成し、修士論文に関する最終試験を実施します。