• NEWS
  • 理工学部生が「情報処理学会第83回全国大会」で学生奨励賞を受賞しました

2021年04月01日

理工学部生が「情報処理学会第83回全国大会」で学生奨励賞を受賞しました

本学理工学部情報システム工学科4年(当時)の新川栄二さんが、3月18~20日、オンラインで開催された「情報処理学会第83回全国大会」にて、学生奨励賞を受賞しました。

情報処理学会は、コンピューターとコミュニケーションを中心とした情報処理に関する学術および技術の振興をはかることにより、学術、文化ならびに産業の発展に寄与することを目的に1960年に設立されました。

新川さんは「糖鎖情報を組み込んだニューラルネットワークによる薬剤とタンパク質の相互作用予測」との論文題目で発表しました。受賞にあたり、「初めての学会発表でこのような賞をいただき、とても光栄です。今回は薬剤とタンパク質の相互作用予測における糖鎖情報の有用性について、開発したニューラルネットワークに基づくモデルの結果をもとに発表しました。研究の過程では渥美教授と研究室の先輩方に多くのサポートをいただきました。また、データ等は本学木下研究室に提供を受け、糖鎖や創薬について何度も相談にのっていただきました。こうした方々への感謝の思いを忘れずに今後も精進していきたいと思います」と述べました。
ページ公開日:2021年04月01日