• 理工学部トップ
  • 理工学部NEWS
  • 本学理工学研究科の学生が「9th International Workshop on Information and Communication Security(WCIS)」にてBest Paperを受賞

受賞した林光太郎さん(理工学研究科情報システム工学科専攻・博士前期課程2年)

2022年12月09日

本学理工学研究科の学生が「9th International Workshop on Information and Communication Security(WCIS)」にてBest Paperを受賞

    WICS Best Paper 賞状

     理工学研究科情報システム工学科専攻・博士前期課程2年の林光太郎さん(鳥居研究室)が、「9th International Workshop on Information and Communication Security(WCIS)」にてWICS Best Paperを受賞しました。

     主催のCANDARとは、コンピューティングとネットワーキングに関する幅広い分野を扱う国際会議であり、毎年11月下旬頃に日本国内で開催しています。電子情報通信学会コンピュータ・システム研究会 (CPSY) の協賛で、論文集は IEEE から出版され、IEEEのデジタルライブラリにも収録されます。

     林さんの発表は、「Side-channel attack on COSO-based TRNG to estimate output bits」で、近年普及する IoT機器のセキュリティで重要な要素である物理乱数生成器 (TRNG)への攻撃手法と対策法を提案したものです。

     攻撃手法は、温度変動による攻撃と電磁波を解析するサイドチャネル攻撃で、温度変動に対してTRNGは影響がなかったことに対して、サイドチャネル攻撃では99.5%の高い精度で攻撃が成功。さらに、対策法を提案し、攻撃に対して有効であることを示しました。

     受賞した林さんは、「受賞できるとは思っていませんでした。他の発表のレベルも高い中で、受賞できたことは本当に嬉しく、何より大学の名を残せたことへの喜びでいっぱいです。卒業まで残り少ないですが、今回の経験を修士論文、また社会人でも活かし、母校の発展に少しでも貢献して、支援してくださった方々、創立者に恩返しをして参ります」と語ってくださいました。

    ページ公開日:2022年12月09日
  • キャンパスガイド2023理工学部
  • 理工学部公式Facebook