2018年04月27日

木野親之(株式会社パナソニック終身客員)による特別講義を開催

経営学部では、2018年4月26日(木)に、木野親之氏(パナソニック株式会社・終身客員)による特別講義を開催しました。

 

この特別講義は、経営学部2年生の必修ゼミナール「人間主義経営演習」のなかで実施されたものです。

 

木野氏は、パナソニックの前身である松下電器産業㈱時代に、赤字経営の子会社〔松下電送㈱〕の代表取締役社長として奮闘する過程で、創業者の松下幸之助氏にさまざまな薫陶を受けたことを振り返り、紹介してくださいました。

 

また、あわせて、松下幸之助氏と創立者の20年間30数回の交流を続けた「知られざる友誼の歴史」について、会見に同席したさまざまなエピソードを語ってくださいました。

 

約220名の経営学部2年生が、松下幸之助氏と創立者の薫陶の下で、実践し磨かれた木野氏の「人間主義経営」を真摯に聞き入る有意義な90分となりました。

ページ公開日:2018年04月27日