2019年10月15日 09時28分

地方創生ビジネスコースの授業でワークショップ開催

創価大学経営学部の地方創生ビジネスコースの授業
2019年9月26日(木)
 創価大学経営学部には、地方創生を意識した地方創生ビジネスコース(2018年4月に新設)があります。
このコースでは、ローカルビジネス論、地方創生ワークショップなどの専門科目を設置しています。
その一つの、地方創生ビジネス・ワークショップは、八王子地域の実際の課題をテーマにして、課題解決を行う授業です。
創価大学がある八王子市は、東京都の一部ですが、地方都市とよく似た状況にあり、少子高齢化の影響、人材確保の問題、後継者不足などの問題を抱えています。このため、地方創生に関連した実際の課題を取り扱うことができます。
 
今年度は、次の3つの課題を取り扱います。

・学生の地元企業への就職率向上策ー市内企業を紹介するWEBサイト「はちおうじ就職ナビ」(約200社掲載)改善  
 (八王子市産業振興部産業政策課 提供)、

・若いころからの健康つくりーパンフレットの改善
 (八王子市健康部健康政策課 提供)

・総合型地域スポーツクラブースポーツを通じた地域づくり
 (NPO法人はちきたSC 提供)

 今回、八王子市の八王子市産業振興部産業政策課と八王子市健康部健康政策課から5名の職員をお招きし、2つの課題提供について詳細な説明を受け、グループに分かれて、課題の本質は何かを議論しました。このあと、必要に応じて、現地調査やフィールドワークを学生の皆さんは行い、解決策を提案してもらいます。
ページ公開日:2019年10月15日 09時28分