一緒に研修に参加したメンバーとHaji Laneで観光した時の写真(左下が青谷さん)

2020年02月03日 10時44分

経営学部・夏季海外研修「GPアジア」学生リポート

経営学部・夏季海外研修「GPアジア」学生リポート
経営学部「GPアジア」研修に参加した、経営学科47期生の青谷 利華さんからのリポートです。
 
≪GPアジア研修とは≫
「GPアジア」研修とは、毎年夏に経営学部で開催している短期海外研修プログラムです。私は2019年8月12日~8月30日の3週間、「シンガポール経営学院(SIM)」に行きました。最初の2週間は講義の受講や企業訪問、残りの1週間はインターンシップを行いました。

≪シンガポールの魅力≫
研修先であるシンガポールは多国籍国家といわれている通り、中国系、マレー系、インド系など様々な国籍の人がいます。そのため、1つの国で様々な国の文化に触れることができるのが特徴です。例えば、Littleindiaという街ではインド系の人が多く住んでおり、ヘナタトゥーの体験や、本格的なインド料理を楽しむことができ、一方でChinatownという街では中華料理のお店やアジアン雑貨のお店が立ち並んでいたり、、、とにかくたくさんのエスニックタウンがあるので、毎日街を歩いているだけで新たな発見があり、飽きないです!
また、シンガポールはMRTやバスなどの交通網が発達していて、国の面積自体も東京都の3分の1と小さいため、3週間という短い期間であっても、シンガポール全土を十分に楽しむことができました!

≪シンガポールの魅力≫
ここでは講義、企業訪問、インターン、そして休日の様子に分けて紹介します!
最初の2週間で行われる講義では日ごとにトピックが違っていて、シンガポールの文化や環境、そしてビジネスに必要なマナーや知識など幅広い分野を学ぶことができました。特に”Global Leadership”についての講義はとても印象に残りました。この講義では「国際化が進んでいる社会の中で、今、若者に求められているものとは何か」というテーマでディスカッションを行いました。そもそもグローバル化とは何かということや、私たちが社会に求められているものに対してどのようにアプローチをしていけばいいのかなど、深く考えることができました。また、このプログラムには日本の他大学の学生や中国や韓国などのアジア圏の学生も一緒に参加しているため、シンガポールや日本以外のアジア諸国の社会とも結びつけながら学ぶことができ、より多面的に物事を見る力が身につきました。
企業訪問では、今回は3社訪ねました。その中でもUrban Redevelopment Authority(都市再開発庁)という機関にあるギャラリーでは、シンガポールの歴史的背景や、今後より成長するための政策の展示を見ることができ、シンガポールについてさらに理解を深めることができました。
研修の最後の1週間はインターンです。会社に訪問するという形ではなく、3社ほどの企業が研修先であるSIMに来てくださるという形態のインターンでした。4人から5人ほどのグループに分かれ、各企業が提示した課題に対して調査を行い、最終的に自分たちで考えた案を企業にプレゼンをします。私たちのグループが担当した企業は不動産関係の会社でした。プロジェクトの内容は私にとって難しかったので、ついていくのに大変でしたが、グループの人と協力し合うことでより一層仲を深めることができました。
休日には、SIMの学生と観光を楽しみました。いろんな街でショッピングを楽しんだりするのはもちろん、有名なマーライオンやマリーナベイ・サンズがあるBayfrontではナイトショーを見たり、実際にマリーナベイ・サンズの屋上に登ったりと、貴重な体験ができました!
過去に何回か海外語学研修のプログラムにも参加したことがありましたが、今回は企業訪問や実際にインターンを通して企業の方と一緒にプロジェクトに取り組むことができ、語学を磨くだけでなく、よりビジネスに関する知識や考え方を学ぶことができました。昔から海外で働きたいという夢はありましたが、この研修を通して、海外で活躍したいという想いがより一層強くなりました。今回の研修で学んだことを胸に、夢の実現に向けてさらに勉学に励んでいきたいと思います。

≪受験生の皆様へ≫
経営学部をはじめ、創価大学には、短期語学研修や海外インターンシップ、交換留学などのプログラムがとても充実しています。留学を通して、語学力の向上はもちろん、沢山の異文化や現地の人々と触れ合うことによって新たな価値観や自分の視野を広げることができます。留学に興味のある方は是非、挑戦してみてください!
そして毎日受験勉強お疲れ様です!
勉強や部活など様々な壁にぶつかる時も沢山あると思います。しかし、そこで立ち止まらずに努力をした分、必ず自己の成長に繋がっていると私は信じています。だから最後まで諦めず、常に前を向いて頑張って下さい。心から応援しています!
ページ公開日:2020年02月03日 10時44分
  • キャンパスガイド2021経営学部