留学先のスク―ルでの写真(右が山田さん)

2020年09月25日 09時35分

経営学部4年の山田実成美さんが事業アイデアコンテストで優秀賞を獲得しました!

    経営学部生が事業アイデアコンテストで優秀賞を獲得!

    大東建託株式会社が高校生以上の学生を対象として行った「事業アイデアコンテスト」で、経営学部4年の山田実成美さんが優秀賞を獲得しました!

    <<山田さんへのインタビュー>>
    Q.どのようなきっかけで応募をされたのでしょうか。
    ⇒インターンシップの一環で、会社のリソースを用いて新しいビジネスアイデアを考案するというワークがありました。そこで事業アイデアコンテストの紹介があり、自身の今まで学んできた学部での知識やゼミでの学びを生かせる良い機会だと考え、応募に至りました。

    Q.実際に学部での知識やゼミでの学びが生きた場面があれば、教えてください。

    ⇒学部はもちろん、特に私の所属する安田ゼミにおいての学びが大いに生きたように思います。安田ゼミは「人間主義に立脚した世界の実現のため、社会の問題を解決する知恵の人を育成し輩出する」というミッションを掲げて日々活動しています。

    そんな安田ゼミの日々のプロジェクト活動で社会問題の解決に着目したビジネスモデルの考案におけて「知力」と「人間力」を仲間と共に磨いているからこそ、今回のコンテストにおいてもそれらが生かせた立案になっているのではないかと思います。

     

    Q.今回なぜ「Tech terrace ~IT女子を目指せるシェアハウス~」をテーマにされたのでしょうか。

    ⇒主に、留学中での学びがきっかけになっています。私はオーストラリアに10か月間留学に行っていました。デザイン系に興味があり、現地にて独学で勉強していましたが、たまたま私が住んでいたシェアハウスで一緒だった友人がWebデザインの業界で働いていることを知り、その友人から知識を教えてもらうなど、仕事の一部を見て学びが深まりました。この経験から、日本に戻っても同じ夢や目標を持つ人たちが集まり学び合えるような生活様式に魅力を感じたとともに、社会問題の解決という切り口からIT人材の不足という問題を結び付け、ビジネスモデルを考案しました。


    Q.今後の決意等があれば教えてください!
    ⇒創大生の一人として、先述した安田ゼミのプロジェクトの成功に向けて最高の仲間と歩みを進めていきたいと考えています。ゼミでの活動は、挑戦に挑戦を重ねる日々ですが、社会問題の解決に向けて高い視座を持ち、「知力」と「人間力」を行動で示し続ける人材に必ず成長する決意です。

    Q.最後に、受験生へメッセージをお願いします!
    ⇒日々の受験勉強等、本当にお疲れ様です。新型コロナウイルスの影響もあり、多くの受験生の方々が不安な日々を過ごされていると思います。私自身も受験生時代は、様々な場面で苦しんだり辛かったりの連続でした。ですが、自分を信じて努力し続ければ、必ず皆さんの一番の使命ある場所にたどり着けます。自分の最大の敵は自分自身であり、今の苦労はいつかの宝となります。皆さんと創価大学で会えることを楽しみに、私自身も残りの創大生活を後悔ないように送り、挑戦の日々を重ねていきます。一緒に頑張りましょう!

    <<詳細HP>>
    https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2020/businessidea_result.html

    ページ公開日:2020年09月25日 09時35分
  • キャンパスガイド2021経営学部