カナダにて海外インターンシップ先での同僚との一枚(右から2人目)

2020年11月18日 13時22分

【受験生へエール】教えて先輩!経営学部ってどんなトコ!? Vol.12 笹隈 琴美さん(4年・福岡県出身)

    RSS(後輩の就職活動をサポートスタッフ)としても活躍している笹隈さんに聞いてみました!

    高校時代の私
     進学校であったため、常に文武両道を心がけた高校生活でした。所属していた陸上競技部では、全国大会出場に向けたレベルの高い環境に身を置き、日々の練習に徹しました。
    受験期になると、小学生の頃から漠然と描いていた創価大学入学への「憧れ」が、実現させたい「目標」へと変わり、真剣に受験勉強を開始しました。たくさんの方々からの支えと励ましが原動力となり、見事、創価大学への入学を勝ち取ることができました。


    経営学部に入学した理由
     2つあります。1つ目は、両親が自営業として「街の電器屋さん」を営んでおり、両親の働く姿を見て育ったため、経営することに自然と興味を持ったからです。2つ目は、学部での学びを家業の発展に繋げたいとの想いがあったからです。接客販売などのサービス面に携わることはあっても、より内部的な専門性の問われる分野には踏み入れたことがありませんでした。そのため、経営学部でより専門的な経営知識とスキルを習得し、還元していきたいと思いました。

    経営学部の学びで得られたこと
     1.2年時は、経営学の基礎を中心に、3.4年時には、より実践的な学びができました。卒業後は、地元福岡へのUターン就職を考えていましたが、グローバル化する中で、どこにいても世界市民としての心を忘れず、国際感覚を身につけた人材に成長したいとの想いがありました。そのため、学部のコース選択では、グローバルリーダーコースを選びました。1年時に、経営学部が主催する海外研修プログラム(GPUK)に参加し、イギリスのレディング大学や名門ビジネススクールで約3週間、英語でビジネスを学びました。3年時には、野村ゼミとして活動する中で、財務的角度から企業を見る視点や環境に配慮した経営活動について学びを得ました。また、更なる成長の機会を求め、商工業都市であるカナダのトロントに長期留学をし、ビジネスカレッジに通いながら、海外インターンシップに挑戦しました。多国籍な環境の中ではじめて働く経験をし、これまでのビジネス英語や経営の知識などのインプットがアウトプットとして発揮された貴重な経験となりました。

    今後の抱負
     これまで支えていただいた方々への感謝を胸に社会に雄飛し、価値を創造しゆく人材となることです。私は現在、RSS(リクルートサポートスタッフ)として後輩の就職活動支援をしています。実際に後輩達が就活を本格化させる時期に、私たちは新入社員として新たなスタートラインに立ちます。
    卒業後もRSSとして、そして創大生としての自覚を常に持ち、コロナ禍の就活に必死で向き合う後輩達に恥じない努力と挑戦を重ね、自身の姿を通して、希望を照らしていける存在に成長していきます。


    受験生へメッセージ
    これから受験を控える皆さまへ
     日々の勉強お疲れさまです。
    創価大学には、想像以上の成長の場で想像以上の自分自身を発見できる環境が多くあります。本学ではよく「Discover your potential」と言います。皆さんの可能性は無限大です!
    社会が目まぐるしく変化する中で見えない不安と葛藤する時もあるかと思います。しかし、どんな状況にあろうと皆さんにしか果たせない使命は必ずあると信じています。最高の仲間と最高のキャンパスで大いに学ぶ日を最大の楽しみにどうか「自分らしさ」を見失わず、受験勉強を頑張ってください。創価大学でお待ちしています!
    ページ公開日:2020年11月18日 13時22分
  • キャンパスガイド2021経営学部