2021年04月23日 11時00分

志村ゼミが「第12回 データビジネス創造コンテスト」で入賞!

    志村ゼミが「第12回 データビジネス創造コンテスト」で入賞しました!

    慶應義塾大学SFC研究所 データビジネス創造・ラボが主催する「第12回 データビジネス創造コンテスト 〜Digital Innovators Grand Prix (DIG) 12〜」において、本学経営学部の49期の志村ゼミが「離れていても食は全国共通 食で繋がる君と僕」というタイトルで入賞しました。

    「データビジネス創造コンテスト」は、高校生・大学生・大学院生を対象とし、今回は「食は笑顔を作る〜飲食文化の新しいカタチ〜」というテーマで、飲食店情報サイト「ぐるなび」の閲覧・予約データや独自に収集したデータを多角的に分析し、飲食業に新しい価値を提供するような提案を行い、本年で12回目となります。
    過去最大の全エントリー数80チームの中から、本選出場の10チームに選ばれ、筑波大学大学院や慶應義塾大学などの国・私立大学とともに、入賞を果たしました。

    志村ゼミ生の横山実里さんは、「初出場で右も左も分からない状況で、ゼミ生全員で試行錯誤しながら挑戦し、オンラインで全国の優秀なチームと戦い、入賞という結果をいただくことが出来ました。春休み期間、ここまで充実した日々を送ることが出来たのは、最後まで諦めずに共に挑戦し抜いた同期、そして出場のチャンスをくれ熱心に指導していただいた志村先生、また沢山のゼミの先輩方に助けていただいたお陰であり、私たちを信じて応援していただいた全ての方に心から感謝申し上げます。今回の経験を通して、ゼミ生一同、更に団結して、様々なことに挑戦してまいります。」と決意を語りました。

    ページ公開日:2021年04月23日 11時00分
  • キャンパスガイド2022経営学部