2021年10月12日

安田ゼミのチームがYYコンテストで優勝しました!

    安田ゼミのチームがYYコンテストで優勝しました!

     この度開催された、YYコンテスト2021学生部門本選大会にて、経営学部安田ゼミのチーム轍が見事、優勝しました!
    YYコンテストとは、グラミン銀行創設者であり、ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス博士が提唱するソーシャルビジネスを具現化するために、九州大学ユヌス&椎木ソーシャルビジネス研究センター、一般社団法人ユヌス・ジャパンが主催しているコンテストで、「ユヌス&ユーソーシャルビジネスデザインコンテスト2021」の学生部門本選大会が2021年10月9日(土)にオンラインで開催されました。

     この大会は、一般部門、学生部門の2部門からなり、応募総数75チームのうち、2回の書類審査を経て、学生部門本選には10チームが臨みました。本学からは、経営学部の安田ゼミから、チーム轍、チームRayの2チームが学生本選大会に出場し、チーム轍が見事、優勝しました。
     合わせて、両チームは一般部門と学生部門の代表6チームが参加するグランドチャンピオン大会に出場することが決まりました!
     チーム轍は、病気が原因でウィッグを利用する人が見た目の不自然さを気にして人知れず苦労していることを問題視し、ウィッグの不自然さを解消するオンラインカットサービスのビジネスモデルを考案しました。
     審査員からは、「病気が原因でウィッグを利用する人の気持ちを開放する点に着目し、当事者、美容師、メーカーなどに丹念にヒアリングを重ね、実現可能性のあるビジネスモデルを考案したことは大変に素晴らしい。事業の拡張性も高い。すぐにでも実現してほしい。」との評価を頂きました。
     チームRayは、野菜の全収穫量の15%がキズや形のせいで収穫されてもそのまま捨てられてしまうことを問題視し、それらを無人販売所を介して地元消費者に販売すると同時に、飲食店にも販売するビジネスモデル案を考案しました。
     審査員からは、「着眼点がいい。収穫されても捨てられてしまう野菜を活用するために、農家、消費者、飲食店などにヒアリングを重ね、ビジネスモデルを考案し、プロトタイプ検証を重ねている点にやる気を感じる。見事だ。」との評価を頂きました。
     なお、グランドチャンピオン大会は11月7日に開催予定です。
    ページ公開日:2021年10月12日
  • キャンパスガイド2022経営学部