友人との一枚(左が岡本さん)

2021年11月30日 16時30分

【受験生へエール】教えて、先輩!経営学部ってどんなトコ!? Vol.22 岡本大典さん(4年・大阪府出身)

    RSS(後輩の就職活動のサポートスタッフ)としても活躍している岡本さんに聞いてみました!

    高校時代の私
     高校時代の私は、とにかく部活動に専念していました。中学から始めた剣道に没頭し、坊主頭が目立つ高校生でした。当時は勉学は要領よく取り組み剣道に時間を割くことを常に考えており、学びの素晴らしさには気づくことはできませんでした。

    経営学部に入学した理由
     入学した理由は、就職や社会に直結した学問を学べるからであり、将来独立し起業することを視野に入れていました。また学部内留学制度が充実しており、海外へ赴くチャンスが多いことも決め手になりました。

    経営学部の学びで得られたこと
     大きく3点あります。まずは学習内容の先進性と独自性です。創価大学経営学部では人間主義経営という分野があり、人との信頼関係や期待が企業経営に正の影響をもたらすというものです。入学当初は利益や売上についてのみ考えていましたが、人や社員がいてこそ企業利益の向上に貢献できると考えることが出来ました。
     2点目にゼミ活動の充実にあります。私は経営管理論、国際経営論を専攻しているゼミに所属し、「社会課題をビジネスで解決する」とのビジョンを持ってビジネスコンテストに挑戦し、入賞を経験することができました。
     3点目に学生のモチベーションの高さから触発を受けたことです。私は男子学生寮での2年間で多くの経営学部生の同期と切磋琢磨することができました。彼らの勉学への熱意と行動が私自身を刺激し、未熟さを痛感するとともにそれを乗り越えるための努力に変える事ができました。

    今後の抱負
     私は経営学部での学び、海外留学、学内活動や寮生活によって就職難関企業である大手ITメーカーに内定することができました。これらは全て学部での様々な経験の賜物であり、その感謝を胸に後輩就職支援のスタッフとして大学へ恩返しをさせていただいております。創価大学生、経営学部生としての誇りを持ち社会で活躍することで創価大学の名前を世界に轟かせてまいります。

    受験生へメッセージ
     私は、創価大学は世界一の大学だと胸を張って宣言できます。そう思えたのはこの大学の人間教育のおかげであり、感謝が尽きません。受験生の皆さんと同じキャンパスで学べることを心待ちにすると共に、皆さんが使命の進路に突き進めるよう心から応援しています。





    経営学部でInstagramをはじめました。「sokaunivbusiness」のフォローをお待ちしています。
    ページ公開日:2021年11月30日 16時30分
  • キャンパスガイド2022経営学部