国際教養学部

理念・目的

国際教養学部の理念は、急速に変化しているグローバルな環境にあって、創造的に、人間主義に立脚して様々な挑戦に立ち向かうことができる知識、技能、勇気、慈悲を有する世界市民を育成していくことにあります。本目的のために、国際教養学部では、経済・経営・政治・国際関係、歴史・社会・文化の分野の教養教育を英語でおこない、多様性豊かな教員、外国人学生との交流、必修の海外研修プログラムを通じて異文化理解力を要請していきます。また文化的多様性、生涯学習、主体的な世界市民の精神でアクティブ・ラーニングを実践していきます。

教育目標

国際教養学部の理念で述べた知識、技能、姿勢を養成していくために2つの教育目標を設定しています。
 
  1. 国際教養学部では経済・経営・政治・国際関係、歴史・社会・文化の分野の教養教育を英語によるアクティブ・ラーニングをつうじておこなっていく。
  2. 国際教養学部では、文化的に多様性のあるグローバルな環境で、学生が創造的な問題解決能力を開発できるよう教育をおこなっていく。
ディプロマ・ポリシー
国際教養学部は、グローバル社会が直面する諸問題の解決に取り組む人材の育成を目的とし、卒業までに以下の基準を満したものに学位を授与します。
 
  1. 人文・社会科学にわたる基礎的な学術知識を修得し、教員の指導下で研究を行う力
  2. 学術的な論述、討論、プレゼンテーションができる高度な英語運用力
  3. 多様な文化的背景を持つ人々と協働できる異文化理解力
  4. 課題を発見し、解決にむけて取り組む力
カリキュラム・ポリシー

1.人文・社会科学にわたる基礎的知識と教員の指導下で研究を行う力

人文・社会科学の各分野の導入レベルから専門性の高い科目まで多様なカリキュラムを提供し、学生の研究力を養成します。さらに、人文・社会科学分野の諸課題の理解に必須な分析力の養成を目的として、質的・量的手法を学ぶ科目を提供します。

2.グローバル社会で通用する高度な(学術的な)英語運用・コミュニケーション能力

1、2年次に、海外の大学への留学等集中的な英語学習プログラムを設け、2年次末までに学部として必須のTOEFL-iBT80の英語運用力を養成します。さらに、3、4年次には英語による専門課程の学びを通じて、卒業までにTOEFL iBT100相当レベルの英語運用力を目指します。

3.異文化理解力

国際教養学部のカリキュラムは、異文化理解に関する科目の履修、英語を母語とする環境への留学、第2外国語の学習を通し、学生が多様な文化を理解し受容する異文化理解力の養成に力点を置いています。

4.課題を発見し、問題の解決に取り組む能力

1年次の導入レベルの演習から3、4年次の専門科目まで、15名程度の少人数の科目を配置し、課題発見・解決型の授業を行います。
評価方法

国際教養学部では、効果的な学びの測定のために以下の基準を用いる。
 
  1. 人文・社会科学分野における正確な知識を口頭で伝えることができる。
  2. 人文・社会科学分野で扱う科目の理解を記述することができる。
  3. 文化的背景や社会が異なる人々を理解し、交渉し、戦略的に関わっていくことができる。
  4. 創価大学の建学の精神に則って、世界平和と幸福のために行動することができる。
  5. 問題解決や、グローバルな課題を扱う際の議論を支持するために必要な知識、情報、データを入手することができる。
  6. 問題解決や、グローバルな課題を扱う際の議論を支持するために必要な質的・量的データを分析することができる。
  7. 人文・社会科学分野における現実的かつ価値的な議論、モデル、フレームワークを構築するこ とができる。
  8. 人文・社会科学分野における広範な知識に基づいて創造的かつ実現可能な提案をすることができる。


基準 評価方法
 

  1. プレゼンテーション (個人またはグループ)、授業内での積極的参加、授業内でのディスカッション、TOEFLiBT
  2. 筆記試験、エッセイ、リサーチプロジェクトペーパー、レポート (個人またはグループ)
  3. 授業内、授業外でのチームワーク、チームでのプロジェクト、授業内でのアクティビティ(ロールプレイ、シミュレーション)
  4. 調査、プロジェクト
  5. リサーチプロジェクトペーパー、レポート (個人またはグループ)、実地調査
  6. 筆記試験、クイズ、リサーチプロジェクトペーパー、レポート (個人またはグループ)
  7. リサーチプロジェクトペーパー、レポート (個人またはグループ) とができる。
アドミッション・ポリシー
国際教養学部は以下のような学生を求めています。

1.人文・社会科学の幅広い学問分野の修得を望む、基盤的学力と知的好奇心を有する学生

公募推薦入試、大学入試センター試験利用入試、全学統一入試、一般入試、帰国学生入試では学力試験により、また外国人入試では書類審査により、人文社会科学分野の学問修得の基礎となる知識・技能、思考力・判断力等を評価します。

2.グローバル社会で通用する高度なコミュニケーション能力の修得に強い意志を有する学生

センター試験利用入試、一般入試では英語の得点配分を他より高くします。また、一般入試、全学統一入試では実用英語能力の一定レベル以上の資格・スコア等を優遇する措置を取ります。公募推薦入試、帰国学生入試では、出願資格として英語能力が設定されています。また、面接の一部を英語で行います。

3.世界各地で生起する諸問題に深い関心を持ち、その解決に挑戦する意欲と実行力を有する学生

公募推薦入試、帰国学生入試では、面接と書類審査により、世界の諸問題に取り組む意欲と実行力や、それを支える主体性・多様性・協働性等を評価します。