教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組に関すること
(施行規則第22条の6 第6号)

本学では、学部および大学院の教職課程を「教育学部・教職大学院事務室」が担当している。これまで、各学部や研究科で対応していたものを一元化し、学生へのサービスおよび教職課程の質の向上に取り組んでいる。

在学生・卒業生サービスでは、「教職キャリアセンター」を中心に、以下の対応を行っている。

  1. 教職課程の履修に関すること
  2. 教育実習に関すること
  3. 学校インターンシップ、学校ボランティアに関すること
  4. 介護など体験に関すること
  5. 教員免許状取得に関すること
  6. 教職キャリアセンター相談室に関すること
  7. 教職自習室に関すること
  8. 教員採用試験対策講座に関すること
  9. 教員免許状更新講習に関すること

特筆すべきは、教職をめざす在学生および卒業生のための相談施設として「教職キャリアセンター相談室」を設置し、公立小中学校の校長・教員経験者が各種相談に応じている点。また教員採用試験に必要な論作文や面接試験の添削・練習なども行っている。また、教師志望者が利用できる自習スペースとして「教職自習室」を設置し、一人ひとりが独立して勉強できる机、教育関係書籍、教育新聞等を揃え、快適に学習できる環境を整えている。

教職課程の質の向上に関しては、教職キャリアセンターが中心となり、「教職課程運営委員会」「教職課程検討会議」を開催。学部・大学院のカリキュラムおよび教員の変更などが生じた場合に、教職課程が適切に開設されているかをチェックしている。
また、東京都教育委員会、八王子市教育委員会などと連携し、学校現場で必要とされる事項について、適切に支援ができるように調整などを行っている。

教職課程運営委員会

教職課程設置の各学部から代表2名および教職キャリアセンターで構成される教職課程に関しての検討会議

教職課程検討会議

教育学部長・教職キャリアセンター・通信教育部で教職課程の具体的な対応について検討する会議