GCP海外
短期研修報告

GCP海外短期研修報告(2017年度)

GCPでは、1年次終了時に給付型奨学金による海外短期研修を実施します。7期生は、2017年2月1日より16日までの2週間、フィリピンのキャピトル大学、フィリピン大学、アテネオ大学、デ・ラ・サール大学などで研修を行いました。

生きた英語を学び、即戦力の英語コミュニケーション力を鍛える

海外研修の様子
海外研修は、実践的な英語コミュニケーション力を磨く絶好の機会です。今回の研修では、GCP生はデ・ラ・サール大学をはじめ、イースト大学、アジア開発銀行などにおいて、フィリピンの諸事情やグローバリゼーション、開発途上国の問題に関する講義を英語で受講し、講義終了後には、専門的な分野に関する活発な質疑が繰り広げられました。また、デ・ラ・サール大学では、リサーチの最終日にGCP生がリサーチ結果を英語で発表しました。GCP1年間を通して身につけた英語力をさらに磨き、コミュニケーション力が一段と向上する研修となりました。

フィールド・リサーチを通し、アカデミック・スキルを高める

フィールド・リサーチ
フィールド・リサーチは、1年次後期のプログラムゼミと連動し、アカデミック・スキルの向上を目指します。プログラムゼミでは、フィリピンの経済、文化・社会、医療、健康、環境・自然、教育などの分野に関する課題テーマを設定し、事前に資料収集と分析を行いました。今回の研修は、日本での事前調査に基づき、専門分野の教員による講義を受講し、現実的視点に立脚した分析を行いました。調査に先立ち、調査手法とデータ分析、プレゼンテーションに関する講義を受け、各リサーチグループには、教員がメンターとしてサポートし、より一段と専門的かつ高度なリサーチスキルを修得することができました。

文化の多様性を学び、国際的な教養を修得する

文化の多様性を学ぶ
異なる文化を理解し、尊重することは、地球市民にとって不可欠の資質の一つです。グローバル化が進む近年、さまざまな分野において国や地域間の交流が求められ、異文化と触れ合う機会が増えています。7,100もの島々から成り立ち、100を超える言語が話されるフィリピンは、多様性にあふれた国です。GCP生は、デ・ラ・サール大学、イースト大学の学生との交流や文化施設の視察をとおし、フィリピンの文化とその文化を形成した歴史を学びました。異なる民族、宗教、文化、伝統と触れ合い、国や地域の持つ多様性を知り、その多様性を尊重する重要性を学び、地球市民に求められる素養を磨きました。

研修参加者の声

家田 智美 (法学部法律学科2年  愛知県 私立・中部大学春日丘高等学校)

 本研修の参加を通して、自分の目指す世界市民像がより明確になりました。研修中は、日頃のGCPでの学びで培ってきた英語力やリサーチ力、また論理的思考力を発揮し、自信をつけることができました。同時に、一人の無力さ、自分の実力不足を痛感しました。8期生の仲間と多くの困難に立ち向かっていく中、多種多様な意見を持つ仲間と共にグループダイナミクスを経験することで、一人の時よりもさらに大きな力が出せることを実感しました。今後のGCPの学びでは、研修で学んだことを活かし、それぞれが実力をつけ、創価大学GCP8期生として、強い連帯と持った世界市民に成長していきます。