留学日記(中国・北京語言大学 中国語DD9期 2016年9月29日)

<第8回 華組>

北京も近頃冷える日が続いております。秋ですねぇ。日本は湿気が多いせいかジメジメしている日も続いているでしょう。しかし北京の気候は基本乾燥しています。なので、肌のケアに注意しなければとわたくしは少し気を張っています。

さて先日24日(土)、わたくしが所属する「中国一カッコイイソーラン節」を踊る「華組」という団体で今学期初となる出陣をさせて頂きました!
華組はさまざまな学校から結成されており、ナント、現:組長さんは中国人学生です!
中国人とも中国語で交流でき、日本の文化を分かち合える、しかも舞台に立って拍手をもらうことができる!
そのような理由で入団しました!

話を戻し、場所は「北京日本人学校」です。
主に小中学生の生徒さんが多く、校舎の中は日本の学校そのものでした。秋祭りということで、屋台で様々な物が売られ、様々な催しものがありました。

ソーラン節を踊っているとき、非常に緊張しましたが、子供たちの興味津々な表情、親子の微笑ましい姿を見ていると、ほっこりしました。

これからもいろんな人たちの前で踊らせてもらいます。
文化を通じて、観ている者の心に何か響かせ、文化というものがこれからの世界にとって、どれだけ大事か訴えていかなければならないと感じました。もちろん中国の文化にも興味があるので、自分なりに見識を広めている途中であります。

その中国の伝統文化についてはまたどこかで語らせてもらいます。

身体を暖かくして、温かい物を飲んで、人と触れあって心も暖かくしていきましょう、これからの寒さを乗り越えるために。
ではまた。

C.I
  • キャンパスガイド2021文学部
  • 英語DD
  • 中国語DD
  • 【留学日記】イギリス・バッキンガム大学 夏期語学研修
  • 【留学日記】インド・セントスティーブンカレッジ 春季語学研修