• NEWS
  • 本学少年野球教室ならびに創価大学学長杯八王子少年野球大会を開催

2019年12月19日

本学少年野球教室ならびに創価大学学長杯八王子少年野球大会を開催

12月7日(土)、本学硬式野球部のワールドグラウンドにて「創価大学少年野球教室」が開催され、本学硬式野球部員約70名と八王子市内の少年野球チームの児童約160名が参加しました。この野球教室は、八王子市内の少年野球チームを対象に、本学の地域貢献の一環として2012年から開催し、本年で7回目を迎えました。
 
八王子スポーツ研修連盟代表の和智忠敬幹事のあいさつで野球教室はスタートしました。キャッチボールと鬼ごっこでウォームアップした後、それぞれのポジションに別れ、走塁、ロングティーバッティング、ピッチング、フィールディング、シートノック、内野・外野の守備など、約2時間にわたって練習が行われました。各練習では、硬式野球部員が「ナイスボール!」「ナイスプレー!」と声をかけながらフォームを修正し、アドバイスをしました。
グラウンドは、児童一人ひとりに声をかける野球部員とそれに応えようと一生懸命にバットを振り、腕を振る児童たちの姿で和やかな雰囲気に包まれました。最後に野球部員による真剣なシートノックが始まると、児童たちは正確なシートノックを食い入るように真剣に見つめていました。

参加した児童の一人は、「最初は緊張していましたが、野球部のお兄さんたちが優しく丁寧に教えてくれ楽しく練習できました。僕もお兄さんたちみたいに、全力で野球に取り組み、全国大会の舞台で活躍できるような選手になりたいと思います」と語りました。また、野球教室に携わった部員は、「子供たちの純粋に野球に取り組む姿に元気をいただきました。今日は野球の楽しさを再確認する機会になりました」と述べました。
翌日の12月8日(日)には、同グラウンドにて、「第19回創価大学学長杯八王子少年野球大会」の開会式が行われ、八王子市・近隣地域の42チームが出場しました。この大会は来年の2月まで続きます。
ページ公開日:2019年12月19日