2022年09月12日

本学理工学研究科の学生が「International Workshop on Informatics (IWIN2022)」にてBest Presentation Awardを受賞

本学理工学研究科情報システム工学科専攻・博士前期課程2年の小野光一さん(寺島研究室)が、「International Workshop on Informatics (IWIN2022)」にてBest Presentation Awardを受賞しました。

 

主催の「Informatics Society」は、情報学と様々な技術の融合により、更なる発展を目指している情報学分野の学会で、情報、通信、数学、アルゴリズムなどの学術的な情報工学から、企業による情報産業関連の研究を対象として、定期的にジャーナルも発行しています。

 

小野さんの発表題目は、「A Study of Progress Management Method using TA-Bot for Software Development Class」で、ソフトウェア開発演習授業においてTA(Teaching Assistant)-Botを用いた進捗管理手法において、過去の履歴から学生に技術的なアドバイスを行う静的アドバイスと最新の情報をWebから取得し、それを学生に提示する動的アドバイスの提案を行いました。

 

受賞した小野さんは、「この賞をいただけるとは思っていなかったので、嬉しい限りです。発表直前までご指導くださった寺島先生には感謝しかありません。今回の結果に満足せず、これからも研究活動に精進し、創大建設の一員を担っていきます」と語ってくださいました。

ページ公開日:2022年09月12日
  • キャンパスガイド2023理工学部
  • 理工学部公式Facebook