平岡ゼミ

ゼミテーマ「組織が社会的責任を果たすための経営(マネジメント)と会計の研究」

ゼミ紹介

ゼミの概要

このゼミでは経営(マネジメント)とそれを支える(広義の)会計の考え方や手法を用いて経済、環境、社会の3つの視点から企業をはじめとする組織を分析し、より良い組織の評価基準を導出することを目的とします。

ゼミで学ぶこと

平岡先生顔写真
組織の社会的責任(CSR)は、経済的側面に加え環境や社会の側面も重視され、長期的な企業の諸業績に影響を及ぼす環境保全や社会貢献への取り組み度とその具体的な効果は、質(定性)的情報の分析だけでは不十分で、具体的な数値的評価で「見える化」される必要があります。その役割を担うのがCSR経営とそれを支えるCSR会計です。CSR経営の基本から学びつつも、CSR活動の具体的な業績測定の方法を模索し、企業(やそのほかの組織)の評価に結びつける力を養います。これらの学習は、就職活動の際に行う業界研究や企業研究、大学院進学、4年次のゼミの卒論作成にも役立つでしょう。3年次は最初にCSRの基本を徹底的に学ぶが、3年次の前期後半からグループ分けし、グループごとに独自の企業評価基準を作って、3年次後期には 日経ストックリーグなどの外部の大会にも参加し、学習の成果を試してみます。4年次前期には就職活動を進めながら各自の卒論のテーマ決めを行い、中間発表を行います。4年生の後期には卒論の最終仕上げの段階に入り、後輩も参加できる発表会を実施します。このようなことから、次の5点がこのゼミで学習できる大きなポイント力といえます。
  1. グループ学習を通じて、皆でテーマを発掘する作業過程で問題を発見する力
  2. 発見した問題について解決方法を探索するためのディスカッション能力や情報収集・分析力
  3. 自らの考えをプレゼンを通して明確に訴えることのできる力
  4. グループディスカッションやプレゼンした内容をレポートや論文にまとめる力
  5. 1~4の能力を養成するためCSRにかかわる経営や会計の学習を通じて培う知識力と創造力

ゼミを選択する上でのアドバイス

ゼミを選択する上で重要なのは、時間を作って個別ガイダンスに参加し、ゼミに所属する先輩から直接ゼミの内容について教えてもらい、またそのゼミを担当する教員からは納得いくまで話を聞くことです。その結果、ここなら興味が継続すると言い切れるゼミを選びましょう。「継続は力なり」ということもいえますが「興味は継続の源」という言葉を付け加えたいと思います。

ゼミ生の声

福嶋 ゼミ幹事

卒業生顔写真
42期を一言で表すと、「個性の宝庫』です。各々がバラエティ豊かな分野で活躍しています。性格もバラバラで、自由奔放です。しかし、個々のポテンシャルが高い分、「平岡ゼミ」として一致団結したときのパワーは圧倒的です。ほかのどのゼミにも負けません。平岡先生という最強の大黒柱に見守られながら、これからも互いに支え合い、日経STOCKリーグの入賞をめざし日々切磋琢磨しています。後輩のみなさん、ぜひ平岡ゼミへ!!

菊地 ゼミ幹事

卒業生顔写真
学生一人ひとりを尊重する姿勢を大事にしている平岡先生に共感し、平岡ゼミを選びました。また、平岡ゼミなら自分のやりたいことが見つかるかもしれないと思ったのも理由の1つです。平岡先生はどんなときも、学生目線で物事を考え判断し、私たちに的確なアドバイスをしてくれます。また、私たちゼミ生の自主性を大事にしてくれ、一人ひとりが「自分たちのゼミを創っていく」との強い思いで日々仲間と切磋琢磨しながら励んでいます。