栗山ゼミ

ゼミテーマ「人的資源管理の国際的展開企業の社会的責任とILO」

ゼミ紹介

「人間の可能性と尊厳性を見つめる人的資源管理」

「人間の可能性と尊厳性を見つめる人的資源管理」をモットーに、その理論と実践を学びます。ゼミでは400ページにわたる教科書を徹底的に読み議論して理解を深めます。そのため、週一回のゼミのため、2、3回は徹夜してレポートを仕上げるくらいのエネルギーが必要となります。勉学第一かつ人間主義の価値観を持つ人が集まってきます。合宿ではテーマを決めそれに会った企業訪問をして事例研究を進めます。また、3日間議論づめの合宿も行います。厳しくも暖かいゼミをつくります。

ゼミ生の声

28期 ANAグループ・エアーニッポン株式会社 三浦貴弘
28期 株式会社日本航空インターナショナル 三浦美佳

創価大学時代はともに、国際性豊かな栗山ゼミを専攻し人的資源管理論を学びました。

卒業生の写真
現在、私は国内線の副操縦士として、妻は国際線の客室乗務員として乗務しております。創価大学時代はともに、国際性豊かな栗山ゼミを専攻し人的資源管理論を学びました。中でもコーチングや組織経営学は、現在の乗務においても大変いかされています。
創立者への想いをフライトで表現できるよう、自身を磨いていきます。

23期 ILOジュネーブ本部児童労働専門官 小笠原稔

栗山先生との出会いとゼミでの研鑽がなければ

卒業生と栗山先生の写真
栗山先生との出会いとゼミでの研鑽がなければ、私がこうしてILOで働くこともなかったと思います。
労働問題を焦点としつつ、常に「人間」を中心とした観点と国際的な視野を持たせてくれた栗山先生のお陰です。