志村ゼミ

ゼミテーマ「人間主義経営と金融データ分析」

ゼミ紹介

学ぶ内容
人間主義経営と金融データ分析について学んでいきます。社会人としてのリテラシーである金融、客観的に事実を見極めるために必要なデータ分析、そして、創価大学経営学部のコアとなる人間主義経営をバランスよく学習していきます。
「金融」とは社会の血流であり、血流が止まれば社会は破綻します。「データ分析」はファクトをしっかりと見定め、考えていくことで、周りの人を説得できる力を培っていきます。そして、「人間主義」という魂がなければ、経営は単なる金儲けの手段や手法にしかならないと考えます。このように、「金融データ分析」というハードスキルと「人間主義経営」というソフトスキルを身に付けることをゼミの目標としています。
具体的には、統計ソフトであるRを学び活用し、ビックデータを使いながらデータ分析力を養います。例えば、ビックデータから顧客情報から分析し、特定の製品の特性を活かしたマーケティング課題を考えます。また、各個人が選択した国内外の企業を財務データと会社IR情報等から企業が取り巻く事業環境や企業の戦略を分析していき、ビジネスコンテストにも積極的に取り組んでいきます。
ゼミ生が取り組んでいる研究テーマ
ビッグデータを使って統計処理を行い、企業のマーケティング課題を分析する。また、研究成果をデータ分析系のビジコンに参加し、幅広い知見を身につける。
企業の財務データ等を分析し、企業戦略を定性・定量分析を行う。また、プレゼンテーション及びレポート作成を通して、コミュニケーション能力を培う。また、収益予測を行い、企業評価を実施する。この研究成果をビジコンへの参加により、英語におけるレポート作成能力を培う。
ゼミ生の声
・森愛海さん(4年生)

「金融論」を学ぶ中で、私は戦略・財政・データ面からみた日用品業界の企業比較分析を行っています。また、「社会人3年目で必要とされる人材になる」ことを目標に、人間力を磨く事も大切にしています。企業分析は、どのような仕事をどのような未来に向けて成し遂げていきたいかを明確に捉えるきっかけとなりました。


・有吉由羽さん(3年生)

志村ゼミは、マーケティング・金融分析について学ぶゼミです。ゼミ生は関心のある分野に合わせてビジコンの種類を選ぶことができます!私はマーケティング戦略のビジコンに参加し、製品戦略のノウハウを実践から学び取ることができました。難しい部分もありますが、常に先生や先輩方のサポート体制が整っていると感じます。

  • キャンパスガイド2022経営学部