安田ゼミ

ゼミテーマ「ビジネスモデル研究とビジネスプランニング」

ゼミ紹介

ゼミの概要

 経営戦略論ならびに国際経営論の視点から「ビジネスモデル」について研究します。ビジネスモデルとは、一言でいえば、収益をもたらす儲けの仕組み、のことをいいます。

ゼミで学ぶこと

 ビジネスモデルを研究するあたり、座学とグループワーク活動を織り交ぜながら、「社会性と事業性を両立するビジネスプランの策定」ないし「問題を抱える企業・組織への改善提案活動」をチームごとで行います。そうした活動を通じて知識を深めるだけではなく、「アカデミーリテラシー」、「社会人基礎力」を醸成することをめざします。「理論」以上に「実践」を重視しています。
 授業では、ビジネスモデル、ないしビジネスプランニングに関わる教科書を使って学習し、輪読、発表し合います。平行して、サブゼミで皆が関心をもつ業界や企業に対する「改善提案報告書」を作成すべく、調査活動を行います。まずインターネットや書籍を活用して自分達が取り上げた業界のチャンスやリスク、企業の強みや弱みを調査します。そして、課題を発見し、それをどうしたら改善できるのかを明らかにするためにインタビュー調査やアンケート調査などを行い、報告書をまとめます。
 その成果はインナー大会や大学コンソーシアム八王子学生発表会などの学外のプレゼンテーション大会で発表します。
 その過程で調査対象企業・組織に対してオリジナリティがあり、説得力のある提案ができるように、インタビュー調査やアンケート調査等のフィールドサーベイを行いながら、皆で議論を深め、報告書を作成します。

ゼミでめざすもの

ゼミでは以下の3つ目標を掲げています。
  1. 創立者の掲げる人間主義に基づく経営の探求心の醸成  ゼミ活動は、本学の建学の精神である人間主義を探求することを絶えず意識しながら実践します。そのことを通じて卒業後にも人間主義経営を探求し続ける「意志力」の醸成をめざします。
  2. アカデミーリテラシーの醸成 アカデミーリテラシーとは、社会人に必須なスキルである 「情報収集力」、「情報整理力」、「論理構築力」、「プレゼンテーション力」などの能 力です。ゼミ活動を通じてこれらの能力をさらに磨いていくことをめざします。
  3. 就業力の醸成 ここでいう就業力とは「対人基礎力」「討議推進力」「自己育成力」「課 題設定力」「目標達成力」「創造的思考力」「環境変革力」などの能力です。ゼミ活動を 通じてこれらの能力をさらに磨いていくことをめざします。

ゼミを選択する上でのアドバイス

 安田ゼミで最も重視していることは「組織として結果を残すために個々人が大成長する」ことです。そのために一人ひとりが「個々人の目標」と「皆で掲げた目標」の両方を達成すべく仲間を尊重しながらも主体的に行動することを求めます。また教員・学生、先輩・後輩の垣根を越え、同じ志をもつ仲間として励まし合い、切磋琢磨し合いたいと考えています。こうしたスタンスに賛同できる人に希望してもらえればと思っています。

ゼミ生の声

40期 近畿大阪銀行 総合職 大地明美

卒業生の写真
<ゼミの魅力>
安田ゼミの魅力は安田先生とゼミの仲間たちです。ゼミ生のことを真剣に考え、時に厳しく時に優しく指導をしてくれる安田先生と、苦楽を共にする一生涯の仲間と共に関東最大のビジネスプレゼンテーション大会(インナー大会)で高みをめざします。私たちのチームは約190チームが参加したこの大会で10チームしか残ることのできない決勝大会に進出することができました。

<後輩へのメッセージ>
大学生活の残り半分を占めるゼミの選択はとても重要です!残りの学生生活をどう過ごしたいか、何を学びたいか、しっかり考えた上でゼミを選んでくださいね!あなたは何に本気になりますか?

40期 日本IBM コンサルティング職 松本幸子ソニア

卒業生の写真
<ゼミを選んだ理由>
ゼミを選んだ理由は、安田先生の人間性が魅力的だからです。私は留学生として別科で一年学んだ後、創価大学に入学しました。その時に「夢は大きく!」と先輩に激励され、「学生時代に絶対に成果を残す!」と決め、全力で研さんを重ね、学生生活を送っていました。そんな私に折に触れ、安田先生が励ましてくださり、学生時代はもちろん、社会人になっても接しさせていただきたいと思い、安田先生のゼミを志望しました。

<後輩へのメッセージ>
自分が決めた目標に向けて誰よりも努力したら、何でも達成できます。安田ゼミではどんなことに挑戦しても、周りの同志が必ず応援してくれる最高のゼミです。