開講科目一覧

共通科目

領域 授業科目名 授業内容
教育課程の編成および実施に関する領域 学習指導要領と教科カリキュラムのデザイン
  • 学習指導要領の意義と基本的性格を的確に理解する
  • 学校におけるカリキュラム経営の意味と基本原則を学ぶ
  • カリキュラム実施の実情と課題を理解する
カリキュラムマネジメントと校内研修の推進
  • カリキュラムマネジメントの理論について学ぶ
  • 教科横断的な視点からのカリキュラム編成について学ぶ
  • 効果的な校内研修の在り方について学ぶ
個の学びの支援と学習デザイン
  • 「個に応じた指導」について、先進的な実践事例と各人の指導案の比較を行い考える
  • 子どもの全体像を描いてみる
  • 「個」のとらえ方を討議したり、演習を行い学びを深める
教科などの実践的な指導方法に関する領域 教科等の指導開発研究AⅠ(国語、社会)
  • 授業案・指導計画の作成
  • 模擬授業の実施や授業構想の提案
  • 教科(国・社)指導の実際から教材研究および教材開発の在り方を検討
教科等の指導開発研究AⅡ(国語、社会)
  • 授業案・指導計画の作成
  • 模擬授業の実施や授業構想の提案
  • 教科(国・社)指導の実際から教材研究および教材開発の在り方を検討
教科等の指導開発研究BⅠ(算数、理科)
  • 授業案・指導計画の作成
  • 模擬授業の実施や授業構想の提案
  • 教科(算・理)指導の実際から教材研究および教材開発の在り方を検討
教科等の指導開発研究BⅡ(算数、理科)
  • 授業案・指導計画の作成
  • 模擬授業の実施や授業構想の提案
  • 教科(算・理)指導の実際から教材研究および教材開発の在り方を検討
教科等の指導開発研究C(体育)
  • 体つくり運動を心技体の見地から考える
  • 指導計画と指導案の作成
教科等の指導開発研究D(生活科・総合的学習)
  • 生活科・総合的学習の授業分析や授業モデルの発表
  • 「個に応じた指導」や「個の捉え方」をめぐるディスカッション
教科等の指導開発研究E(外国語活動)
  • 「外国語活動」「外国語科」の目標・指導内容について学ぶ
  • 「外国語活動」の授業デザイン論について学ぶ
  • 外国語活動」におけるコミュニケーション活動の在り方について学ぶ
教科等の指導開発研究F(道徳)
  • 道徳教育の意義の理解と実践上の問題の明確化、道徳的実践力の育成に重点を置いた資料づくりの検討や指導案の作成
  • 道徳学習のついて討議や演習
総合学習と社会参加学習論
  • クロスカリキュラムについて学ぶ
  • 生きる力の育成と総合的な学習
  • クロスカリキュラムと社会参加学習に基づく総合的な学習の構想
生徒指導および教育相談に関する領域 学校カウンセリングの現状と課題
  • 「不登校」「引きこもり」についての概説や事例検討
  • 「保護者への対応」についての概説や事例検討
  • 特別講師による講話を授業時間で実施
特別支援教育の現状と課題
  • 特別支援教育の現状と課題を検討する
  • 特別支援教育に関する知識を整理し深化させる
  • 障害観を育み、特別支援教育の実践力を培う
生徒指導・いじめ予防の理論と実践
  • いじめの定義について学ぶ
  • 日本・国外におけるいじめについて事例分析する
  • いじめ防止プログラムの設計・開発する
学級経営および学校経営に関する領域 教育行政・学校経営の現状と課題
  • 生徒指導の法制度を学ぶ
  • 教育行政・学校経営についての行政ごとの施策と実状を学ぶ
  • 小・中学校の学校経営の実情と課題を学ぶ
特別活動の現状と課題
  • 学校組織をいかした生徒指導の在り方について検討と協議を行う
  • 生徒指導の観点から児童期・青年期の心理的な特性と対応について検討を行う
  • 特別講師による講話を授業時間で実施
学級経営と子ども同士の関係づくり
  • 学級経営の方法を学ぶ
  • 学級経営のおける今日的重要課題について学ぶ
  • 学級経営に関する取材活動を行い、受講生による報告・協議を行う
児童生徒理解・保護者理解
  • 子ども理解と成長のための支援をさまざまな角度から学ぶ
  • 保護者の理解と成長のための支援をさまざまな角度から学ぶ
  • さまざまな角度についてプレゼンテーションやディスカッション、ロールプレイを行う
学校教育と教員の在り方に関する領域 世界市民教育を推進する学校と教員の役割
  • 国際化社会と学校教育・教師の役割について学ぶ
  • 国際理解教育や世界市民教育についての事例を学ぶ
  • 世界市民教育の課題について討議を行う
人間的成長に関する理論と実践
  • 国際化社会と学校教育・教師の役割について学ぶ
  • 教員としての自らの生き方・在り方を検討する
  • 人間観・教育観を深め、現在の学校教育の課題を克服する方途を探る
教員研修実務研究
  • 教員研修の歴史的研究を学ぶ
  • 区市町村・学校における教員研修の事例研究
  • 東京都教職研修センターまたは八王子市教育センターにおける実務研究
教員の服務等と教育法規
  • 地方公務員法、教育公務員特例法などにおける服務規定の研究を行う
  • 生徒指導上の法的な問題(体罰、学校事故など)について判例を通して検討する

分野別科目

領域 授業科目名 授業内容
教育実践総合研究 教育実践研究方法Ⅰ
  • 「教育実践と研究」に関するディスカッションを行う
  • 調査研究法について学ぶ
  • 授業研究のすすめ方について学ぶ
教育実践研究方法Ⅱ
  • 質的研究デザインの方法を学ぶ
  • 質的インタビュー調査の質問項目を考察し、実際にインタビューをおこなう
  • 量的研究法(主に質問紙調査法・実験研究法)の概要、統計解析の理論を学ぶ
  • SPSS(統計解析ソフト)を活用して、データ分析の技法をパソコン実習を通して修得する
学習指導の方法研究Ⅰ
  • 教師として身につけるべき能力について討議を行う
  • 教材研究や指導案作成を行う
  • 個人やグループが作成した指導案のプレゼンテーションや討議を行う
学習指導の方法研究Ⅱ
  • 連続実習を振り返っての事例研究
  • 実習中に行う予定の教材研究や指導案の検討
  • 実習中の事例研究や授業研究
学習活動の組織化とその評価
  • 学習形態と学習活動の関係やICTを活用した授業の特長を考える
  • 実現したい夢の授業づくりの検討、プレゼンテーション
  • 協同学習について学ぶ
授業力育成のための理論と方法
  • 教科・領域の授業ビデオを視聴して討議を行う
  • 「授業力」についてのプレゼンテーションを実施
学校・家庭・地域の連携とキャリア教育の推進Ⅰ
  • 地域、家庭、学校の連携の全体像・課題を理解する
  • キャリア教育の概要・課題を理解する
  • 実地踏査の実施やゲストスピーカーの講話を授業時間で実施
学校・家庭・地域の連携とキャリア教育の推進Ⅱ
  • 家庭、地域の連携とキャリア教育のあり方について実践上の立場から考察
  • 学校現場で実践可能なキャリア教育のカリキュラムやプログラムを作成し、その内容を討議
  • PBLSL、協同学習などの指導法についても本授業の参加者間での実践を通して身につけていく
ICTを活用した教育活動
  • 電子黒板をはじめとするデジタル機器を利用した授業を展開する
  • 電子教科書をはじめとするデジタル教材の有効な活用法を考える
  • PCを使って自作の画像教材を作成する
人間教育総合研究 人間教育実践分析研究
  • 人間教育のとらえ方を各自の経験をもとに省察する
  • 人間教育実践をめぐ現代的課題を学び、教育実践記録に基づいて探究
  • 人間教育をめざす教育実践を構想する
人間教育実践分析課題研究
  • 人間教育への実践分析の課題を理解する
  • 人間教育の視点に立つ学校教育の構想を考える
  • 「人間教育とは何か」についてディスカッションを行う
人間教育事例分析研究
  • 人間教育のとらえ方を各自の経験をもとに省察する
  • 授業実践事例から人間教育を探究する
  • 人間教育をめざす教育理論・実践を理解する
人間教育事例分析課題研究
  • 「教育実習」で行ったプレゼンを実施し、人間教育の視点から実践事例の分析研究と「課題」追求を展開する
  • 「教育実習」で行った学校教育実践の事例のプレゼンを実施し、実践事例の分析研究と「課題」追求を展開する
  • 各自の研究テーマと人間教育についてプレゼンテーションや討議を行う
教育開発総合研究 教職課題研究Ⅰ
  • 各自のテーマに基づいて研究の方法を検討し、論文のアウトラインをプレゼンテーションする
  • 教育学研究の在り方について学ぶ
教職課題研究Ⅱ
  • 論文の完成・提出までの計画を策定する
  • 研究活動・論文作成過程の中間報告と協議を行う
教育課題実地総合研究 教育課題実地研究(国内)
  • 国内(奈良または富山)の先進校との交流をとおして現代的な教育課題を探求
教育課題実地研究(国外)
  • シンガポールまたは中国における学校教育と教員をめぐる諸課題を国際的な視野から研究

学校などにおける実習

領域 授業科目名 授業内容
学校などにおける実習 実習研究Ⅰ
  • 東京都公立小中学校などでの実習研究(計40日間程度の実習)
実習研究Ⅱ
  • 東京都公立小中学校などでの実習研究(計20日間程度の実習)
実習研究Ⅲ
  • 人間教育実践リーダーコースの実習研究※

「実習研究Ⅲ」は、人間教育実践リーダーコースの志望者について、その教職経験と実績を入学時に審査し、7単位分の実習免除が認められた場合に履修する科目です