• 文学部トップ
  • 文学部NEWS
  • 文学部生が「第13回大学コンソーシアム八王子学生発表会」で準優秀賞を受賞しました!

2022年01月07日 11時02分

文学部生が「第13回大学コンソーシアム八王子学生発表会」で準優秀賞を受賞しました!

文学部生が「第13回大学コンソーシアム八王子学生発表会」で準優秀賞を受賞しました!


2021年12月に八王子学園都市センターにて行われた「第13回大学コンソーシアム八王子学生発表会」(主催:大学コンソーシアム八王子、後援:八王子市教育委員会)で、文学部4年生の近藤良美さんが、口頭発表(オンライン)部門で準優秀賞を受賞しました。

 

近藤さんは、共通総合演習I(内容はSDGsについて)の授業で考えたファイナルプロジェクトを、八王子市の大学全体を対象に置き換え、「大学の空き教室を利用した無料塾」と題して発表しました。

発表では、「大学の空き教室を活用した無償の学校外教育機会の提供によって、相対的貧困世帯の子どもの進学率向上に繋がり、貧困の世代間連鎖を断ち切ることができる。利用者にとっては大学をより身近に感じ大学進学をしたいと思うようになる。この取り組みが広がれば、無料塾通いと大学進学を見込んで八王子に移住する家族も増え、市としてのメリットにもなる」と提言をしました。


大学2年生の時に、社会学、児童福祉論、教育学など様々な授業を通じ、貧困の世代間連鎖は教育(親の最終学歴等)と関連しているという話を聞いたときから、何か現状を変えられるような方法はないだろうかと考えていたことが、大学という場所が持つポテンシャルを活かした「大学の空き教室を利用した無料塾」の提案につながったとのことです。

 

「学生生活の締めくくりとして『学外の学生発表会で自分のアイデアを提案する』機会を持てたことは、とても貴重な経験でした。これからも、学生時代に身につけた力を生かして世の中で起きている問題を自分ごととして捉え、どうすれば解決できるだろうかと探求し行動に移しながら、人々の幸福に貢献する人に成長してまいります」と決意を語っていました。

ページ公開日:2022年01月07日 11時02分
  • キャンパスガイド2022文学部
  • 英語DD
  • 中国語DD
  • 【留学日記】イギリス・バッキンガム大学 夏期語学研修
  • 【留学日記】インド・セントスティーブンカレッジ 春季語学研修