2020年12月07日 17時00分

本学法科大学院の嘉多山宗教授が日弁連主催教員研究交流集会にて事例報告を行いました

    12月5日(土)、日本弁護士連合会主催の第12回法科大学院教員研究交流集会にて、
    本学法科大学院の嘉多山宗教授が、「コロナ下での小規模校の取り組みとハイブリッド型『憲法演習』の実践」との事例報告を行いました。

     

    本交流集会は、全国の法科大学院における教育の具体的手法や内容について教員相互の情報共有を図り、
    教育内容・方法の一層の質の向上を目指すため、毎年開催されています。

     

    第12回目となる今回の全体会では「法科大学院におけるICTを活用した教育実践―オンライン授業を中心に」とのテーマで、
    報告、模擬オンライン授業、パネルディスカッション、意見交換等が行われました。

     

    ■日本弁護士連合会HP

    https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2020/201205.html

    ■日弁連主催 第12回法科大学院教員研究交流集会 開催案内

    https://www.nichibenren.or.jp/library/pdf/event/year/2020/event_201205.pdf

    ページ公開日:2020年12月07日 17時00分