2016年07月29日

「学生企画事業補助金」に法学部生の企画が採択!

このたび、大学コンソーシアム八王子の「学生企画事業補助金」に、法学部生の研究グループ「Teamまちづくり」の企画が採択されました。同補助金は、八王子地域を舞台に学生が企画・運営・実施する取組みに対して、その費用の一部を補助し、学生の活動支援・地域の活性化に寄与することを目的としています。

法学部「Teamまちづくり」のメンバーに、事業内容や動機などをインタビューしましたのでご紹介します!
今回採択された企画はどのような内容ですか。
私たちは、「地域の社会問題を解決するために何か貢献できないか!」という問題意識から、高齢者の社会参加のための「Seniors, be AMBITIOUS!!」という事業型プロジェクトを立ち上げました。具体的には、「押し花」を活用した雑貨作り・販売、教室やイベントの開催などを通じて、地域の高齢者とNPO団体、そして学生が協働できる仕組みづくりを行うプロジェクトです。本事業が、高齢者の社会参加のためのきっかけとなり、ユニバーサル社会の実現に向けた一助になればと考えています。
なぜ学生企画事業を立ち上げようと思ったのですか。
私たちは、ゼミの先輩方が行っていた「まちづくり活動」をサポートする中で、「まち」が抱える課題の深刻さを実感するようになりました。特に6月に行った八王子フィールドワークでは、内向き傾向で社会参加が難しい高齢者が多くいることが分かりました。その原因として「心のバリア」という心理的問題が根深いことも浮かび上がってきました。

そこで私たちは、学生やNPO団体といった「地域の関わり」を通じて、高齢者が参加し易く、かつ持続可能な事業を立ち上げることで、心のバリア克服のきっかけになるのではないかと考え、本プロジェクトを企画しました。
今後の抱負を教えてください。
事業計画をゼロから考えることはとても大変でしたが、同じ問題意識を持った仲間と何度もディスカッションを行いました。なかでも、アンケート調査やフィールドワークを通じて、地域のさまざまな方々と出会い、多くの助言・励ましの言葉を頂くことができたのは大きかったです。「地域に学び、地域に還す!」をモットーに、少しでも地域の皆様に喜んでいただけるような事業展開をしていく決意です!

最後に、いつも快くサポートして下さる関係者の皆様、先輩方、そして法学部の先生方に、心から感謝申し上げます。
ページ公開日:2016年07月29日
  • キャンパスガイド2022法学部
  • 在学生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ
  • キラめき★学生REPORT
  • バッキンガム大学留学日記