2016年09月08日

2016年司法試験に本学の法科大学院修了生から13名が合格。合格率は私大5位。

9月6日(火)、法務省から、2016年司法試験の合格者が発表されました。

法務省の発表によると、全国の受験者数6,899名のうち、合格者は1,583名(合格率22.9%)でした。

本学法科大学院の修了生(予備試験を除く)からは、67名が受験し、13名が合格。
合格率は19.4%で、私立大学5位(国公私大では17位)の結果となりました。

これにより、これまで11回の司法試験の合格者は162名に。また、本学法科大学院在学生の1名が予備試験を経て合格しました。
開学以来の新旧司法試験を合わせた合格者は累計322名となりました。(2015年9月6日時点)

法学部の須藤悦安学部長は、「全体の合格者数が昨年より減少する中、昨年と同じくらいの13名の合格は大変立派だと思います。」と語り、法学部としても、本学法科大学院修了生の司法試験合格を心より喜んでおります。

法科大学院の加賀譲治研究科長は、「法科大学院修了生の奮闘により、このような結果を出すことができました。関係する教職員や先輩諸氏に心より感謝申し上げます」と語りました。
 
リーガル・プロフェッションコースについてもっと知る
ページ公開日:2016年09月08日
  • キャンパスガイド2022法学部
  • 在学生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ
  • キラめき★学生REPORT
  • バッキンガム大学留学日記