2017年05月29日

済州大学法学専門大学院の金富燦教授による国際講演会を開催!

金富燦(Kim, Boo Chan)教授(済州大学法学専門大学院教授、大韓国際法学会会長)を講師に迎え、「国際社会における法治主義-法による平和と人権の確立をめざして-」とのテーマのもと、国際講演会を開催いたしました!
(主催:法学部・法学会、2017年5月12日(金)、創価大学本部棟)
金富燦教授は、国際社会の安定における、「法治主義の重要性」について講演されました。
講演の中で、国際問題を全人類の課題として捉える「人類主義」に立つ必要性を強く強調され、そのためには、国際法が憲法のように強行規範化され、国境を越えた人権保障が行われる必要があることを語られました。

学生たちは貴重な講演に熱心に耳を傾け、質疑応答の際にも多数の質問が寄せられました。講演会終了後には、金教授を囲んで記念撮影が行われました。
学生たちはとても有意義な時間を過ごすことができ、平和のために国際社会で活躍したいという気持ちを一層強くしていました。

~参加した学生からの感想~
金先生の講演を聞かせていただき、国際的な社会においての法治主義について、深く考えることができました。現代の国際社会において、いまだ国際法の憲法化、そして人間化が行われていないことを不思議に感じるほど、法治主義の重要性を知ることができました。
SGU(スーパーグローバルユニバーシティ)である創価大学の法学部で、世界的な視野を持ち、国際法などを学んでいきたいと思います。(1年女子)
金先生の講演を通し、国際法の憲法化やグローバルガバナンスが国際社会において必要であることがわかりました。世界に開かれた創価大学の法学部で、国際社会という大きなスケールでの法治主義について考えを深めていきたいと思います。(1年女子)
金先生は過去から現在までの流れを見ながら未来の国際社会を鋭く考察されていて、大局観で物事を観察することの重要性を学べました。(2年男子)
国際社会において、各国の国民も含めた、自由・安全・福祉を実現する法が確立されることが重要であることがわかりました。私は今ちょうど国際法を勉強しているので、さらに学びを深めていきたいと思います。(2年女子)
ページ公開日:2017年05月29日
  • キャンパスガイド2020法学部
  • 在学生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ
  • キラめき★学生REPORT
  • バッキンガム大学留学日記