2019年02月01日

法学部・宮崎淳教授~創価大学と「SDG′s」

(宮崎淳 教授)

創価大学創立者の池田大作先生は、1月26日に「平和と軍縮の新しき世紀を」と題する提言を

発表されました。その後段で、国連の「SDG′s(持続可能な開発目標)」に関して、安全な水

確保をグローバル規模で図るための具体的方策について提案されるとともに、創価大学の

「SDG‘s」に関連した多くの取り組みをご紹介してくださっています。

 

法学部の宮崎淳教授は、日本における水法、水資源活用等に関する研究に先駆的に取り組むひ
とりです。社会全体で水に対する意識の高揚と、安全な水確保への取り組みに目を向けること
の大切さをうったえています。

宮崎教授は「民法」も専門にしていますが、法学部の「グローバル・ロイヤーズ・プログラム
:GLP」(法曹界を目指す学生を対象に、本学法科大学院への進学に特化した特別プログラム)
のプログラムリーダーも務めています。

宮崎教授は私が学生時代から一緒に過ごしてきた先輩でもあります。
まだあの当時は「水」への関心は持っていませんでした。


宮崎先生インタビュー(ミツカン水の文化センター ホームページ)
http://www.mizu.gr.jp/fudoki/people/040_miyazaki.html

創価大学グローバル・ロイヤーズ・プログラム(GLP)
https://www.soka.ac.jp/law/course/legal/#anchor8

 

ページ公開日:2019年02月01日