2019年04月10日

創価大学ランクイン~「THE大学インパクトランキング」

イギリスの高等教育専門誌「Times Higher Education(THE:ティー・エイチ・イー)」は4月3日、「THE大学インパクトランキング2019」
を発表しました。THEは「THE世界大学ランキング」も発表しています。また日本のベネッセとのパートナーシップにより「THE世界大学ラ
ンキング日本版」も発表しています。

「THE大学インパクトランキング2019」は、世界76か国から450大学以上が参画し(国内41大学)、大学の社会貢献への取り組みを国連の
SDGs(エスディジーズ)の枠組みを使って可視化する初のランキングで、国連が提唱しているSDGsの17の目標のうち大学との関連性が高い11項目が調査対象です。日本の大学はエントリー数が最多であり、いくつかのSDG(目標)で多くの大学がランクインしました。

このランキングに、創価大学が世界101-200位(日本の大学で4位に相当)にランクインしました。

<創価大学順位>
■総合順位:101-200位(日本の大学で4位に相当)
■個別順位
《上位3項目》
目標16  平和、正義        61位
目標8  働きがい、経済成長  101-200位
目標4  質の高い教育  201-300位   
《必須項目》
目標17  パートナーシップで目標を達成しよう  95位


創価大学は、国連難民高等弁務官事務所と「難民高等教育プログラム」協定を締結し、難民の学生を受け入れています。国連開発計画や国連
食糧農業機関と協定を結び、交流を進めています。また授業の面ではSDG‘sとつながりの深い平和・環境・開発・人権からなる「世界市民
教育科目群」を2018年に設置しました。さらには学生クラブレベルでも諸活動を進めています。

こうした創価大学のSDG‘s関連の教育、研究、活動が評価されたことは喜ばしいことで、今後も積極的に取り組んでまいります。
ページ公開日:2019年04月10日