2019年05月13日

山田隆司教授―「ジャーナリスト・プログラム」プログラム長

オープンキャンパスでは、法学部4コース別に部屋を分け、コース概要を展示するとともに、そのコースの教員と学生が参加者の皆様にご説明し、ご質問にお答えしながら懇談しています。

5月5日のオープンキャンパス。「『ビジネス法務コース』では、山田隆司教授が4人の創大生とともに担当し、高校生と懇談しました(写真上段左)。

法学部では、新聞やテレビ局などメディアを目指す学生を応援するために2018年度から同コース内に「ジャーナリスト・プログラム」を開設しました。

プログラム長には山田隆司教授が就きました。創価大学ジャーナリズムセンターのセンター長も務めています。山田教授は27年間、読売新聞記者として最前線で活躍され、2012年度から母校である創価大学法学部や法科大学院で授業を担当しつつ、学生の教育、指導に力を注いでいます。
 

ページ公開日:2019年05月13日