2019年07月23日

学生の試験を応援! 学期末定期試験スタート

 大学では今日(7月23日)から30日まで春学期末の定期試験が行われます。

 

 創学サービス(生協)は「試験応援セール」としてカップ麺やアイスクリーム、ドリンクを大幅値引きで提供しています。学食もシューアイスをサービスし、“食”の面で試験に臨む学生さんを応援しています。事務長も学食を利用していますが、昨日シューアイスをいただきました。試験に臨む学生さんを応援しなくてはいけませんね。

 

 中央図書館では開館時間を延長して、学生さんの“学”を応援しています。

 試験準備期間を含めて7月16日から試験終了まで、“早朝開館”として通常8:30のところを、7:30から開館しています(閉館時間は21:00)。さらに定期試験期間中の2回の日曜日(21日と28日)も通常どおり開館し、それまで10:00~17:00だった開館時間を、現在では9:00~21:00に拡大して開館しています。
 多くの学生さんから年間を通して「開館時間を延長して欲しい」との声を受けたもので、その実現のひとつで試験期間としてはこのような延長が実現しました。定期試験の空き時間、今日も多くの学生さんが勉強に励んでいました。


 試験期間に限らず、図書館を利用する学生さんが大きく増えています。学生さんが学び議論する姿をキャンパスの至る所で目にします。それを見るたびに事務長自身の学生時代を深く激しく反省しながら、嬉しく思っています。

 

 インターネットで情報を収集して学ぶこともひとつのスタイルですが、自ら図書館の中に身を置き、何冊もの文献を手に取って、比較し思索しながらがら学ぶ。仲間と議論して深める―体を使った学びは間違いなく自身を作ります。

 

 創価大学は「学生のための大学」を掲げています。それは「学習者のための大学」と置き換えられるでしょう。学びの時代ど真ん中の学生さんをキャンパス上げて応援しています!


■創価大学附属図書館■ http://lib.soka.ac.jp/

ページ公開日:2019年07月23日