2019年10月18日

硬式野球部で法学部の杉山晃基投手が、ヤクルトスワローズからドラフト3位指名!

10月17日(木)、2019年プロ野球ドラフト会議が行われ、創価大学硬式野球部から杉山晃基投手(法学部4年)が東京ヤクルトスワローズから3位指名を、望月大希投手(経営学部4年)が北海道日本ハムファイターズから5位指名を受けました。

硬式野球部の杉山晃基投手が東京ヤクルトスワローズ、望月大希投手が北海道日本ハムファイターズから指名を受けました!

杉山晃基さんは法学部で、須藤学部長のゼミに所属しています。学業と野球を両立させて頑張ってきました。

 

望月大希さんは、ドラフト会議当日に恒例となった、ドラフト候補たちの知られざるエピソードを紹介する「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」(17日、TBSで午後7時から10時まで生放送)で取り上げられ、ご家族の皆さんとの感動的なエピソードが全国を駆け巡りました。全国の卒業生がテレビの前で号泣している様子が手に取るように分かりました。

指名を待つ二人の後ろには「創価大学」名入りのボードがあり、二人とともにそれが長くテレビに映りました。創価大学の名前を広く伝えるために一生懸命頑張っている学生さんたちに感謝の気持ちは尽きません。また、全国各地、世界各地の一隅で母校宣揚のために黙々と奮闘されている卒業生の皆様を思います。

 

こうした学生さん達や卒業生の皆さんに感謝し、創価大学で働く私たちも頑張ります!

ページ公開日:2019年10月18日