2019年12月04日

法学部GLP、「Between情報サイト」に掲載

ベネッセグループの(株)進研アドが展開する「Between情報サイト」。これは主に大学や高校教育関連の情報を発信し、多くの関係者が閲覧しているサイトです。

12月3日、この「Between情報サイト」に創価大学法学部の「グローバル・ロイヤーズ・プログラム(GLP)」が掲載されました。
同記事には「法学部+法科大学院5年一貫の法曹養成で文科省が連携の申請受け付け」とのタイトルが付けられています。法学部に「法曹コース」を設け、学部3年間+法科大学院2年間の5年一貫教育によって司法試験合格率を上げ、法科大学院進学者を増やすことを主な目的とした、文部科学省主導の法学部と法科大学院の連携を軸とする新たな法曹養成制度について取り上げています。


創価大学法学部では、これまでの法曹養成の伝統をさらに生かすために2014年度、「グローバル・ロイヤーズ・プログラム(GLP)」を設置し、法曹を目指す学生を特別プログラムにより育成し法科大学院への進学を後押ししてきました。本学では12月末に文部科学省に認定申請する予定で、準備を進めています。今回の新たな法曹養成制度はGLPと軌道を一にするものと認識しており、その点とこれまでの司法試験合格者実績を鑑み、本学が取り上げられました。

記事は以下です。ぜひご覧ください。

(Between情報サイト)
「法学部+法科大学院5年一貫の法曹養成で文科省が連携の申請受け付け」

創価大学法学部 Global Lawyers Program(GLP)

ページ公開日:2019年12月04日
  • キャンパスガイド2022法学部
  • 在学生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ
  • キラめき★学生REPORT
  • バッキンガム大学留学日記