2020年02月28日

文部科学省より「法曹コース」の認定を受けました

本学法学部は、本学法科大学院との法曹養成連携協定を締結し、2月28日、文部科学省から「法曹コース(連携法曹基礎課程)」(以下、「法曹コース」)としての認定を受けました。

「法曹コース」とは、法科大学院と連携して、法科大学院既修者コースの教育課程と一貫的に接続する体系的な教育課程を編成し、法曹志望者に対して、学部段階からより効果的な教育を行うコースです。(2019年度入学の法学部GLP生から対象)
これにより、従来の制度より約2年早い、最短の5年(学部3年+法科大学院2年)で司法試験を受験し合格を目指すことが可能となりました。

詳しくは以下の、文部科学省【パンフレット】法曹コース 3+2と、本学法学部における「法曹コース」(GLP)のページをご覧ください。

また、協定の詳細については、文部科学省のウェブサイト(文部科学大臣認定を受けた法曹養成連携協定一覧)において公開されています。
ページ公開日:2020年02月28日
  • キャンパスガイド2020法学部
  • 在学生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ
  • キラめき★学生REPORT
  • バッキンガム大学留学日記