2021年09月17日 12時08分

「第17回日中韓ユースフォーラム(オンライン)」に法学部生が参加しました!

    825日から28日の4日間、「第17回日中韓ユースフォーラム(オンライン)」に、法学部の鈴木陽子さん(1年生、GCP生)が参加しました!

     

    2004年から始まった本フォーラムは、日本、中国、韓国の青年同士が友情と信頼を築くことを狙いとした交流プログラムで、韓国MRA/Initiatives of Change Koreaが主催しています。すべてのイベントが英語で行われ、日本からは毎年20名(学部生・大学院生・社会人)が参加しています。

     

    今年は、「超連結(ハイパーコネクト)社会と青少年」というテーマの下、著名人による講演、グループディスカッション、オンライン文化探訪、グループ活動などを行いました。「不確実な未来に備える青少年政策とは」「技術革新に伴い未来の仕事に若者はどう対応していくのか」といったサブテーマを議論し、最後にはソリューション(解決策)を発表し合うなど、密度の濃い4日間となりました。

     

    参加した鈴木さんは、「このフォーラムには議論への積極性に加え、自分が伝えたいことを適切な英語で話す人が沢山参加しており、大きな刺激となりました。今後は、自分の積極性を最大限に活かしつつ、使う英語の正確性を磨いていきます。また、中国・韓国にあまり良いイメージを持っていない日本の友人と互いの意見を尊重し合いながら、今回学ばせていただいた彼らの人間としての温かさを伝えていきます!」と決意を述べました。

    ページ公開日:2021年09月17日 12時08分
  • キャンパスガイド2022法学部
  • 在学生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ
  • キラめき★学生REPORT
  • バッキンガム大学留学日記