2021年10月26日 16時04分

第7回法学部キャリア オータム・フェスタ2021開催!

    キャリア・コース制をとる法学部は、教育の一環として「法学部キャリア オータム・フェスタ2021」を10月23日、オンラインで開催しました。民間企業、公務員の法学部卒業生が参加し、将来のキャリア・モデルとして学生たちとオンライン上で懇談していただきました。民間企業は、金融・電力・IT・メーカー・製薬・化粧品・メディア・人材サービス・カフェ・小売等、公務員は、国家・地方・国税等からご参加いただきました。

    「就業の意味」および「選択する職業」を考える内的キャリア形成の機会を提供すること、そして法学部における「学び」がキャリア形成と連動していることを自覚し、「法学部における学び」にフィードバックする好機とすることが目的でした。法学部1・2年生が約40名参加しました。

    1年生は、翌年にはコース選択そしてゼミ選択を迎えます。「自分は、将来、どういう人間になりたいのか」「社会のなかでどういう職業で貢献していきたいのか」などを考えるきっかけを提供しました。2年生は、すでに今年コース選択をしました。これからは、法曹、民間企業、公務員など、目指す進路を本格的に確立する必要があり、そのモデルケースとしての卒業生との接点を提供しました。

    法学部の学生にとっては、コース制を卒業した多くの卒業生の皆さんにご参加いただき、キャリアのマッチングが図られた一日となりました。社会へ出ることの不安感が払拭され、現在の勉強の意味を理解した一日となりました。

     

    参加学生の声:

    「公務員しか見ていなかったが、違う業種にも参加したことで、新たに興味を持つことができた。業種についてよく分かってないので、非常に良い機会となった」

    「懇談会に参加して実際に働いている多くの先輩から話を伺えたことで、自分のキャリアを見つめ直すとても良い機会になりました」
    「自分自身のキャリアの視点が広がりました。色々な選択肢、就職先があることを知ることが出来たり、自分がやりたいことを見つけるためには何をしたらいいのかなど、基本的なことなどもアドバイスをしていただき、就職を見据えて何をしたらいいのかよくわかっていなかった部分が、明確になり、行動に移そうと思えるようになりました」

    ページ公開日:2021年10月26日 16時04分
  • キャンパスガイド2022法学部
  • 在学生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ
  • キラめき★学生REPORT
  • バッキンガム大学留学日記