研究センター紹介

概要

南アジア研究センターは、本学の「新しき大文化建設の揺籃たれ」の建学の精神に基づき、日本と南アジアにおける相互研究と学術交流を促進することを目的としています。

具体的には、下記の学術的な取り組みを推進します。
  1. 南アジア地域および南アジア地域からの移民に関係する諸地域を対象とした研究と教育
  2. 平和、人権、環境、開発 (UNDPの持続可能な開発目標に連動) を促進する研究
  3. 日本と南アジア地域の研究者・研究機関と協同し、学術・教育ネットワークを構築
  4. 上記の目的を共有する学術・教育・文化機関および産学連携の活動

沿革

南アジア研究センターは、日本と南アジア諸国における相互研究と学術交流促進のため、2019年に設立されました。設立以来、シンポジウム、講演会、オンラインディスカッション、学術交流の場を提供しています。

研究センター組織とスタッフ

田中亮平

職名 : センター長、副学長、教授
専攻 : 地域研究、ヨーロッパ語系文学、外国語教育

Mukesh Williams

職名 : 教授、顧問
専攻 : アメリカと南アジア研究・文学

小山内優

職名 : 教授
専攻 : 大学アドミニストレーション、大学の研究活動及びパブリック・サービスの分析

高木功

職名 : 教授
専攻 : 世界経済論

山岡政紀

職名 : 教授
専攻 : 日本語学

木下薫

職名 : 教授
専攻 : ヨーロッパ語系文学、各国文学・文学論

寺本羽衣

職名 : 助教
専攻 : アジア近代史、南アジア地域研究

職員

青田 求

職名 : 大学事務局長

下出 博喜

職名 : グローバルコアセンター事務室長

トゥシタ・アローラ

職名 : グローバルコアセンター事務室員


事務室 : グローバルコアセンター事務室