ソーシャルメディア利用ガイドライン

ガイドラインの目的

ソーシャルメディアは個人が社会に向けて容易に情報を発信し、多くの情報を素早く入手できる有効な情報手段であります。しかし、軽率な投稿や不適切な発言など利用方法を誤ると発言者が意図しない問題を引き起こし、社会に影響を与えるだけでなく、利用者本人が大きな損失を被ることがあります。
創価大学では、学生・教職員がソーシャルメディアを適切に利用し、効果的かつ安全に活用できるよう、ソーシャルメディアを利用する際の考え方や留意点をまとめたガイドラインを策定しました。

対象

学校法人創価大学の教職員および契約に基づいた職員に準ずる者(非常勤講師、契約職員などを含む)、本学の学部生(通信教育部生含む)、短期大学生、大学院生、外国人留学生が、業務またはプライベートにかかわらず、ソーシャルメディアを利用する行為を対象とします。

ソーシャルメディアとは

ソーシャルメディアとは、ブログ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、動画共有サイトなど、利用者が情報を発信してコミュニケーションを形成していく電子的なメディアを言います。

代表的なソーシャルメディア

フェイスブック(Facebook)、ツイッター(Twitter)、ユーチューブ(YouTube)、ライン(LINE)、インスタグラム(Instagram)、ブログ(Blog)、グリー(GREE)、ミクシィー(mixi)、電子掲示板など

利用のガイドライン

法令遵守
ソーシャルメディアを含めたインターネット上の表現も、憲法などの法令の下にあります。利用の際は、日本の法令を遵守してください。また、ソーシャルメディアは世界中で利用や閲覧が可能です。留学先や旅先など国外においても、自らの置かれた状況に応じて、諸外国の法令や国際法を遵守してください。
発信する情報への責任
一人ひとりの情報発信が社会に対して影響を与えることを認識し、的確な情報の発信に努め、読み手の誤解を招くことのないように注意してください。また、一度投稿された発言や画像、映像はコピーされたり、シェアされたりして完全に消し去ることが不可能になります。自分の発言に責任を持って、その発言をすることによってどのようなことが起こるのか、またその発言は投稿しても良いものなのかどうかを考えて投稿してください。
機密情報の取り扱い
職務上知り得た守秘義務を要する情報、意思決定の過程にある未公開情報などの取扱いに注意してください。住所、電話番号、メールアドレスはもちろん本人が認証できる画像や映像、音声データも個人情報に該当します。
自身のプライバシー
個人情報の公開範囲については各自で十分に注意してください。情報が一度ネットワーク上に公開されると完全に削除できないこと、第三者によって保存されたり、情報を悪用されたりする可能性があることを認識し、自分自身のプライバシーの保護に留意してください。
自身に不利益を伴う投稿への対応
あなた自身の写真や内容に関する投稿を、家族や友人がソーシャルメディアで行う場合は事前に確認するよう心がけてください。リツイートやシェアなどで安易に転送・共有できるので、思いもよらない被害が発生する可能性があります。
万が一、誹謗中傷等を浴びせられても、炎上などのリスクがあるケースにおいては、ソーシャルメディア上での応答は注意するよう心がけてください。
本学構成員であることの自覚と責任
ソーシャルメディア上での活動を行う場合、創価大学を代表したイメージで受け取られる可能性があることを自覚して行動に努めてください。
また、教員の倫理綱領(教員)、職員の倫理綱領(職員)、学生生活ポリシーおよびそれに準ずるもの(学生)を遵守し、良識ある利用を心がけてください。

相談窓口

個人情報漏えいなどのトラブルが発生した場合、またはそのおそれがある場合は、すぐに下記部署に相談してください。

教職員       企画広報課 電話:042-691-9442 
学部生・大学院生  学生課 電話:042-691-2205
短大生       短大学生課 電話:042-691-2201
通信教育部生    通信教育部事務室 電話:042-691-3451
外国人留学生    国際課 電話:042-691-8200

ソーシャルメディアガイドラインに関するお問い合わせ

創価大学のソーシャルメディア利用に関するお問い合わせは、「創価大学企画部企画広報課」までお願いします。

企画広報課メールアドレス:publicrelation@soka.ac.jp