学長あいさつ

学長 馬場善久

創価大学学長 馬場善久/Yoshihisa Baba
創価大学学長
馬場善久/Yoshihisa Baba
創価大学は1971年、「人間教育の最高学府たれ」「新しき大文化建設の揺籃たれ」「人類の平和を守るフォートレス(要塞)たれ」を建学の精神に開学しました。以来、グローバルなステージで新たな価値を生み出す「創造的世界市民」の育成に取り組んできました。文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」で掲げた目標達成に向けて取り組む中、昨年2月の中間評価では最高のS評価を得ました。
これまで海外60ヵ国・地域、209大学と学術交流協定を結び、約6割の学生が留学し、様々な国際交流プログラムに参加すると同時に、年間約730名の外国人留学生を受け入れるなど、多様な学生が学びあう国際性豊かなキャンパスが実現しています。
研究分野では、アフリカのエチオピアで持続可能な循環型社会づくりを目指す「プランクトン工学」の取り組みや、微細藻類で途上国の水質環境を改善し新たな産業を創出する「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)」事業など、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)に貢献する課題解決にも取り組んでいます。
学生の活躍も目覚ましく、経済学検定試験大学対抗戦での優勝、世界大学チアリーディング選手権大会での金メダル獲得、全日本吹奏楽コンクールでの金賞、各種ビジネス大会での優勝、国際会議や内閣府の国際交流事業への参加など、多岐にわたり、様々な分野で活躍しています。
創立50周年の2021年を目指した創価大学グランドデザインは総仕上げの時を迎えます。本年も創立者池田先生が示された建学の精神を根本に、多様性豊かなキャンパスで学生一人ひとりの可能性を開花させていけるよう、教職員一同、一層努めてまいる所存です。
生年 1953年(富山県生まれ)
学歴 創価大学経済学部卒。
カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学研究科博士課程修了。Ph.D.取得。
職歴 創価大学経済学部講師、助教授を経て、教授。
1996年 教務部長
2005年 副学長
2013年 創価大学学長
専門分野 計量経済学
主な論文 「"The Demand for M l in the U.S.A., 1960-1988" , Review of Economic Studies, vol. 59,pp. 25-61」「"エラー・コレクションモデルによる貨幣需要関数の推定"、本多佑三編『日本の景気 -- バブルそして平成不況の動学実証分析』 有斐閣、第5章、1995年」など