【卒業生紹介】
松本 健太さん

クイーンズランド大学進学予定

-興味のある分野から難民問題にアプローチ-

 スマホなどの身近な製品に使用される鉱物資源が生産国での人権侵害や紛争と関連してきた現実を学び、身の回りの製品が誰かの悲惨に繋がらないよう、持続可能な資源の利用を研究したいと思ったことが進学のきっかけです。入学当初は国際機関で難民支援に従事したいと考えていたのですが「難民支援と言っても色んな専門家が必要だから自分の好きな分野を究めなさい」とある国連職員の方からアドバイスを頂き、関心のあった環境分野での大学院進学を決めました。ゼミのレンツ教授や進学された先輩が親身に相談に乗ってくださり、学部で学んだ分野とは全く異なる専門ですが、合格を勝ち取ることができました。

 国際関係論が専門の教授のゼミに所属していましたが、国際教養学部のカリキュラムのおかげで経済学や哲学、社会学など幅広い分野を学ぶことができ、気候変動など一つの問題を考えるにあたっても多角的に捉えられるようになったと感じています。また、普段の授業から留学生を含む多様なバックグラウンドを持ったクラスメイトと議論やプレゼン、英語で卒業論文を執筆したことが、英語圏の大学院に進学することへの自信に繋がったと思います。

受験生へのエール

 究極的には、どんな環境であっても自分の行動次第で学びを深めることはできると思いますが、国際教養学部は留学や寮生活でのカルチャーショックをはじめ、当たり前だと思っていた価値観を見つめ直す機会に溢れています。そのおかげで知的好奇心を広げ、勉強の楽しさを知ることができました。私は最終的なキャリアとして教員を志していますが、国際教養学部で学んだおかげで様々な進路を考慮した上で進学を決定することができました。人生百年時代と言われるこれからを生きる受験生の皆さん、ぜひ選択肢の幅を広げてみてはいかがでしょうか!

松本 健太 Matsumoto Kenta

    • 学部:国際教養学部国際教養学科 卒業
    • 留学先:アメリカ・ジョージメイソン大学
    • 主な専攻分野:国際関係論
    • 指導教授:ハートムット・レンツ教授
    • 進路先:クイーンズランド大学進学予定
    • 出身高校:関西創価高校

  • キャンパスガイド2021国際教養学部
  • 国際教養学部 公式Facebook
  • 国際教養学部 公式Instagram