全員が1セメスターの海外留学を経験

〔国際教養学部独自のプログラム〕×〔本学が有する世界諸大学とのネットワーク〕
=グローバルな大学生活を送る4年間!

必須海外留学プログラムの特徴

●1年次修了後に全員が1セメスター(約4~5ヶ月)の海外留学を経験
 国際教養学部では、全員が5つの提携留学先にて、1セメスターの海外留学生活を経験します。高校時代に修得した語学力だけでは通用しない世界で、日本の社会とは異なる文化、価値観を受け止め、自分自身を表現していく積極的なコミュニケーション力を鍛えることができます。
 海外生活の中で生きた英語力、異文化理解力、基礎学習能力を修得し、「世界で生き抜く力」の必要性を肌で感じてください!

●留学先の学費・渡航費用(往復航空券代)・海外傷害保険費用は免除
 留学中の現地大学の学費は、創価大学の学費を支払うことで免除となります。併せて、渡航にかかる往復航空券代、海外傷害保険料も創価大学が負担いたします。
 ※その他の費用(ビザ代、寮費・ホームステイ費、現地大学健康保険費、食費、交通費等)はすべて自己負担となります。

●留学までのサポートが充実
 留学先の選択から留学までのサポートを創価大学が行います。また、留学準備のための危機管理ガイダンス、キャリアガイダンス、留学を経験した先輩との懇談会等も開催しています。